ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者

通常価格:640円 → 値引き価格:448円
2/22 0:00まで

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

2000年12月31日、世田谷区上祖師谷の四人一家が無残な状態で発見された。現場に多数の痕跡を残しながら捕まらなかった犯人。その犯人を追って著者が向かった先とは?真犯人に迫るノンフィクション、ついに文庫化!<目次>序章 刺客実行犯は死んでいた! ?/韓国から来た「殺し屋」第1章 凶行一か所だけ凶器が違う?/少女は命乞いさせられた?/ハムやメロンを丸ごと齧る/犯人の探し物は何だったのか?第2章 誤算犯行を自供した男/宮澤家周辺で頻発したネコ虐待/3D画像が映し出した狂気第3章 迷走有力証拠は韓国限定の靴/ヒップバッグは微物の宝庫/外国人犯行説に傾斜する警察/密かに韓国に捜査員を派遣/母方は南欧人の落とし穴第4章 兵士キムタクのドラマにそっくり/21世紀が来る前に殺ってしまおうか/ジャンパーに韓国の土砂/軍隊用品が遺留されていた/紙コップ作戦の失敗/指紋がついに一致した! /台北を経てロサンゼルスへ第5章 接点アニメ制作に夢中だった夫/泰子さんに掛かった脅迫電話/宮澤家の転居先は未定だった/ついに姿を見せた主犯/逃走先にあったものは第6章 真実米国で作られた殺人兵士/金田は宗教団体の幹部だった/長男のことで相談を受けていた/事件前に深夜帰宅が続いた理由/カネ目当ての犯行だった! ?第7章 復讐福岡に現れたクレージーなヤツ/コリアンタウンで迎えた男は/「黒幕」が登場! /モノレール内の激突最終章 亡霊浮上した元大物組長/李はカンボジアから来た

作品詳細情報

タイトル:
世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者
ジャンル:
実用教養ドキュメンタリー
著者:
一橋文哉
出版社:
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-11-30 ]

一橋文哉『世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者』角川文庫。

2000年の大晦日に起きた一家四人惨殺事件の真犯人に迫るノンフィクション。

『私は、真犯人に会った』という衝撃的な帯の惹句の割りには物足りなさを感じた。真犯人というキーワードだけで描いた感が強く、ゴールに向かってまっしぐらという割りには何ら捜査の進展が無く、一橋文哉の一人相撲のように感じるのだ。

テーマの性格上、どうしても清水潔の『犯人はそこにいる』と比較してしまう。

同じ著者の作品