ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

日本人のための英文法

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

あらすじ

詳細を見る

日本語と英語の間には、はるかな隔たりがあることが予想される。
そのため今回、第1章では日本語と英語の間の「距離感」を測るための、ある実験を行うことにした。

①「昨日の発見は衝撃だった」

何でもない文のように見えるが、実はこの日本文には、秘密がある。
この文の中に出てくる「昨日」「発見」「衝撃」という3つの名詞は、
どう入れ替えても、すべて文になるのだ。実際にやってお見せしよう。

①「昨日の発見は衝撃だった」
②「昨日の衝撃は発見だった」
③「発見の昨日は衝撃だった」
④「発見の衝撃は昨日だった」
⑤「衝撃の昨日は発見だった」
⑥「衝撃の発見は昨日だった」

どうだろう。中には多少ぎこちない日本語もないではないが、
6つの文の微妙なニュアンスの違いに、お気づきいただけただろうか。
これだけでもちょっと驚きなのだが、私が行った実験とは、
「この6文を英語にするとどうなるか?」というものだった。
たとえば、①の「昨日の発見は衝撃だった」なら、

Yesterday's discovery was a shock.

となり、これは難なく英語にすることができる。
このあたりは、さして「日本語」と「英語」の間の距離を感じることもない。

だが③の「発見の昨日は衝撃だった」あたりになると、
そうはいかなくなることがおわかりになるだろう。
本書での私のねらいは、こうした日本語と英語との間にある距離を縮めることで、
みなさんを“読み通せる英文法”を書けるようにすることなのである。

▼目次

第1章 日本語と英語の距離を測る
第2章 「SV」感覚
第3章 英文法の道具立て
第4章 文はフレーズでできている!
第5章 クイズで覚える英文法
第6章 動詞句の3段構造
第7章 「文型」か「文形」か?
第8章 道具としての「5文型」
第9章 仮定法の質問
第10章 24人の悟り

▼著者紹介

晴山陽一 Yoichi Hareyama

1950年東京生まれ。早稲田大学文学部哲学科卒業後、出

作品情報

詳細を見る
タイトル:
日本人のための英文法
ジャンル:
教育・語学・参考書語学英単語/英熟語
著者:
晴山陽一
出版社:
インプレス
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品