ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
巨乳?ボイン?デカパイ?
以後、おっぱいについて語る者は、この本を避けて通ることはできないだろう。
「おっぱい」はいつから性器になったのか。巨乳愛の虚実を谷間に探る!都築響一(編集者)
いつの時代でも大きなおっぱいが好まれていたわけではない。70年代にはユニセックスで華奢な体つきこそがファッショナブルであり、80年代のAV業界でさえも胸の大きなAV女優は人気を得ることができなかった。ようやく「巨乳」という言葉が誕生し、一般的に普及したのは1990年頃になってから。それまでは「ボイン」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。江戸時代から開国、敗戦、経済成長を経て現在、社会の「大きなおっぱい」の受け止められ方は、時代を反映して変わっていく。なぜ変わっていったのか。その理由と全貌をあきれるほどの調査で明らかにした革命的論考。
タイトル:
巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか
ジャンル:
実用教養一般教養
著者:
安田理央
出版社:
太田出版
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2017/12/16
書籍発売日:
2017/12/01
ファイルサイズ:
10.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

この作品の関連テーマタグ