ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
都市化や延命長寿化がすすみ、人々と宗教との関わり方、寺院や墓のあり方が激変する時代、死を棚上げしたまま、無葬無墓・寺院消滅・脱宗教等の社会現象だけが肥大化してきている。日本人は死をどのように受け止めて、死者はどう供養され、先祖たちはどのように祀られてきたのか。そしていま、みずからや家族の死を、私たちはどのような形で迎えたらよいのか――。柳田国男『先祖の話』と折口信夫『死者の書』という、戦時下に著された二つの書をてがかりに、鎮魂・供養・往生・看取り等から、日本古来の信仰や死生観を見つめ直す。第一章 戦後と東北第二章 英霊と鎮魂第三章 供養と骨第四章 折口と柳田第五章 往生と看取り第六章 死と生
タイトル:
死者と先祖の話
ジャンル:
心理・思想・歴史言語・文化文化・民俗
著者:
山折哲雄
出版社:
KADOKAWA
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2017/12/22
書籍発売日:
2017/12/22
ファイルサイズ:
2.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集