ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

日本再興戦略

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

「情熱大陸」出演で大反響! 落合陽一の最新作! 【本書概要】AI、ブロックチェーンなどテクノロジーの進化、少子高齢化、人口減少などにより、世界と日本が大きく変わりつつある。今後、世界の中で日本が再興するにはどんな戦略が必要なのか。テクノロジー、政治、経済、外交、教育、リーダーなどの切り口から日本と日本人のグランドデザインを描く。「日本再興戦略」とは、改革や革命ではなく、アップデートです。必要なことは、「過去において日本は何が機能したのか、何が時代と合わなくなったのか」を検証すること。本書がポジションを取って未来を作る皆さんの一助となることを祈っています。(著者より)日本再興戦略 目次第1章 欧米とは何か「欧米」というユートピア/「西洋的な個人」の時代不適合性/「わかりやすさ」の対極にある東洋思想 /日本というブロックチェーン的な国家/平成という破壊の時代を超えて 第2章 日本とは何か日本の統治構造を考える/イノベーティブな日本の宗教/日本にはカーストが向いている /百姓という「多動力」/中流マスメディアの罪日本は超拝金主義/日本を蝕むトレンディードラマ的世界観/「ものづくり」へのリスペクトを回復せよ 第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか99コンビニに行かなくなる日/「人工知能と呼ばれているもの」の本質/最適化・統計・創発/東洋のイメージをブランディングする/人と機械が融合する自然/テクノロジー恐怖症との折り合い 第4章 日本再興のグランドデザイン人口減少・高齢化がチャンスである3つの理由/ゲートのない世界へ/ブロックチェーンと日本再興/日本はトークンエコノミー先進国/地方自治体によるICOの可能性/シリコンバレーによる搾取の終わり /ビットコインの未来を占う「3つの問い」 第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)日本だからこそ持てる機械化自衛軍/インド・中国・北朝鮮/揺らぐ民主主義第6章 教育新しい日本で必要な2つの能力/幼稚園には行かなくてもいい/センター試験をやめよ /MBA よりもアート 第7章 会社・仕事・コミュニティ221「ワークアズライフ」の時代/兼業解禁と解雇緩和をセットにせよ/士農工商を復活させよ/「ホワイトカラーおじさん」の生かし方/年功序列との決別/「近代的人間」からの卒業/「自分探し」より「自分ができること」から始める/モチベーション格差の時代

作品詳細情報

タイトル:
日本再興戦略
ジャンル:
ビジネス・経済経済経済
著者:
落合陽一
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-3-23 ]

いま話題の人 落合陽一。
YouTubeを見る中で、見つけた若い人である。
現代の『魔法つかい』ともいわれる。
そのあらゆる面においてのコミットメントする姿勢は、素晴らしい。
イマドキの若いものはなんて言ってられない。
こういう若者が、現れるのは、たのもしいことである。
筑波大学の教員であり、学長補佐。ベンチャー企業の経営者。
アーティストとして、芸術作品を生み出し、
テクノロジーとアートとプロダクトつくり。
実に、マルティプレイヤー。教育、研究、経営、アートに関わっている。
これからの『働き方』を予感させる その仕事の多様性。

『価値』が重要なキイワードであるが、「価値」の定義が不明である。
少なくとも、価値にも ダイバシティがあると思われる。
バリューダイバシティの時代。
落合陽一の3つの再興戦略
①経営者として、今までとは違うスタイルのイノベーション開発。
②メディアアーチストとしてクールジャパンの素地の正体をつかみ、
クリエイティブにする。
③大学はどうあるべきかを考えてグランドデザインをつくる。
ふーむ。戦略ではないよな。戦術方針みたいなものだと思うよ。

『賢い上にひらめきがある天才が必要だ』と自分の登場をほめている。
こういう押しの強さが必要なのだね。
東洋思想と言いながら、実にアメリカナイズされているのはおもしろい。
さすがに、落合信彦の息子だけある。

『変わりつづけることを変えず、作りつづけることをやめない。
東洋の自然観はデジタル時代に新たな自然を構築する。
バックグランドとビジョンを拡張し、世界に貢献する。』
と落合陽一は 宣言する。
いやはや。その意気込みが 必要なのだ。

主張は 大きく言って 3つ。
①欧米とは存在しない。ヨーロッパとアメリカは違う。
②日本人は、公平にこだわり、平等にこだわらない。
③ワークアズライフ。百姓の「多動力」がいる。
百姓とは、百の仕事をもっている。
タイムマネジメントから、ストレスマネジメントへ。

リーダーは、尖っている能力、足りないのは補ってもらえばいい。
意思決定と実務権限はわけられるべきだ。
後継者ではなく、後発を育てよ。
リーダーとは、愛されることなのだ。

ふーむ。おもしろい切れ味である。
文章は、頭の回転の速さに、ついていかない状態で
飛躍に飛躍を重ねるが、その八艘渡りに近い展開は
スリリングでもある。いやはや。おもしろい時代になったもんだ。
若者が 堂々としているのは、たのもしい。

同じ著者の作品