ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

岳飛伝 十四 撃撞の章

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

岳飛と秦容は、本格的な北進を前に戦略を練り、激しい調練を繰り返していた。中華統一の野望を抱く金の海陵王は、臨安府を狙い進軍するが、南宋軍の程雲に敗れる。十三湊で王清と再会した李俊はついに絶息する。岳飛は投降してきた辛晃の首を刎ね、秦容と南宋に侵攻を開始する。そんな中、史進から“吹毛剣”を届けられた胡土児は、兀朮より北辺に赴くことを命じられた。初志貫徹に挑む第十四巻。

作品詳細情報

タイトル:
岳飛伝 十四 撃撞の章
ジャンル:
小説歴史・時代小説
著者:
北方謙三
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-2-12 ]

ついに岳飛・秦容軍と南宋軍、梁山泊軍と金軍の間に戦端が開かれた。
が、戦闘シーンはあまり多くない。

身辺整理を始めた顧大嫂、十三湊で日を送る李俊、病の気配濃厚な秦檜(しんかい)。
物語の終焉の気配が濃厚になってきた。

秦容は”古いものは、終らせる。”と考えている。
その古いものとは、国家の形なのかもしれない。
民衆の生活を圧迫する帝政、官僚組織。
しかしそれは突き詰めると、軍隊も重荷となりうるわけで、その辺をどう処理していくのか。

”宋を倒す革命の小説だった『水滸伝』。国家を建設する小説だった「楊令伝」。そして、『岳飛伝』は登場人物たち、それぞれの人生を照らし出す小説。”
解説・吉田伸子の文章に、しみじみその通りだなあと思い返す。

登場人物の人生を照らし出す『岳飛伝』でここ最近一番輝いていたのが李俊。
もう、こんなに格好いいじーさん絶対いないって!
”このうえなく、面白かった”
人生をそう振り返ることができたら、それは最高に幸せじゃないか。

同じシリーズの作品(全17巻)

同じ著者の作品