ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる

読み放題プラン:初回登録時30日間無料

読み放題プランに入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

あなたはサッカーの「攻撃」ばかり見ていないか?
攻撃戦術の裏には必ず「守備戦術」の進化があった!
絶対に読む価値のあるサッカーの守備学。
日本サッカーに必要なのは、決定力でも司令塔でもない!
必要なのは守備戦術の進化だ!


Chapter1 サッカーにおける守備とは?
FCバルセロナ、スペイン代表がもたらした功績は攻撃だけではない
改めて考える守備の重要性
育成年代にも落とし込まれるチームの守備戦術
分析には2種類ある
日本人選手がスペインで評価されにくい原因
試合のインテンシティ(強度)は守備が決める?

Chapter2 守備のテオリア(理論)
4つの局面の中で何か起こっているのか?
復活してきた3バック(5バック)
ラインの押し上げとスペースの縮小を図る
2トップ型と1トップ型の違い
分析が難しくなってきている4つの局面
選手個々が行う守備の判断

守備の戦術コンセプト
1失ったボールへのプレス
2守備組織の再構築のための後退
3組織的プレッシング
4カバーリング
5ペルムータ
6スライド
7ビヒランシア(守備の警戒)
8スペースの縮小
9マーク
10予測・インターセプト

Chapter3 守備のプレーモデルを知る
アトレチコ・マドリーの守備から何を学ぶのか?
FCバルセロナとバイエルンの守備におけるプレーモデルの違い
「バランス重視」のFCバルセロナの守備
マンツーマンを取り入れた守備のプレーモデル
ビルバオとセルタのマンマーク守備の違い
“ドン引き”の守備は確実に減っている
「サッカー史上最大のジャイキリ」レスター・シティの守備

Chapter4 守備のトレーニングメソッド
サッカーの樹形図を作る
育成年代での守備の指導について
待つ守備がいいのか、取りに行く守備がいいのか

Chapter5 守備の進化から予測するサッカー戦術の未来
スペイン人監督のレベルが高い理由
化学反応を起こして進化するプレーモデル
ドリル・トレーニングの意味
サッカーがうまくなるとはどういうこと?
サッカーにおける特殊性と一般性
著しい進化が待つ未来に向けて指導者に今問われていること

作品詳細情報

タイトル:
サッカー 新しい守備の教科書 優れた戦術は攻撃を無力化させる
ジャンル:
趣味スポーツ・アウトドアスポーツ
著者:
坪井健太郎小澤一郎
出版社:
KANZEN
掲載誌:
ファイルサイズ:
14.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-10-26 ]

スペインでユース年代のチームのコーチをされている著者なので、スペインの話が殆ど。
曰く、日本の守備は五年遅れているそうです。

五年遅れている日本に住む私は、国内外のサッカーを有料で視聴している。解説者の話を聞いていればどこかで聞いた話ばかりのように感じたけれど、日本の指導者の方には新しい発見あるのだろうか?

守備の本なので、あまり関係ないのだけれど、スペインって中盤は世界的にも優秀な選手が多くいるのに、ストライカーはいないんだよね。ラウールくらいかな、フェルナンドトーレスはどうかなていう程度なのは何故?土壌ってことでしょうかね。

同じ著者の作品