ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

40歳になったことだし

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

40歳、独身、ひとり暮らしのえみこ。なにかと焦っていた30代を経て少し落ち着いてきたような今日この頃。そんなある日、仕事で出かけた東京でふらっと不動産会社へ。物件をいくつか見ているうちに長年の憧れだった東京へ引っ越すことにーー。自分なりにゆっくり人生を歩いていく様を描いた、じんわり癒される傑作エッセイ漫画。

作品詳細情報

タイトル:
40歳になったことだし
ジャンル:
文学・詩集日本文学
著者:
森下えみこ
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
31.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-8-30 ]

近況報告できない者の同窓会出席はなかなかハードル高い 肌センサー ほうれい線 田舎のネットワーク 色々察する目? 世間の目OKゾーン 漂う40代 トレンチコート 銭形警部っぽい 西荻窪 動じない引越しのプロ ナビが進化したおかげ 私にとって井の頭公園といえば…ドラマ『愛していると言ってくれ』のロケ地 トヨエツ 常盤貴子 頭の中の防守センサー とても心許ない 「漂う40代」像の優しさ そんな寄る辺りの無さも肯定してくれるような落ち着きや安らぎがある 忌憚の無い実感を教えてくれる ぎょ御せる 身を拠よせる 普遍的にも思える実感が描かれていることが貴重である ふぁーっと東京に引っ越すことを決め その飽和状態を 秀逸 或いは選べなかった選択肢が そういう堂々巡りに一石を投じる 自分の技術や環境を取り巻く頭打ちの感覚とも無縁ではないだろう もうひと頑張りしたいかな 無為に年を取ったということは絶対にない 人間がもう一度大人になるという洗練の感覚がある 津村記久子きくこ

同じ著者の作品