ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

なぜ、たった1回のリツイートが名誉毀損になるのか?―橋下徹の問題解決の授業 SNSの基礎知識編

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
誰もが意見や考えを簡単に表現できる世の中だからこそ、気をつけなくてはいけないことがある。
現代の「表現の自由」とツイッターの使い方について、橋下徹がレクチャーします。
※本書は【橋下徹公式メールマガジン】橋下徹の「問題解決の授業」Vol.89,90,91を合体・再編集したものです。

【目次より抜粋】
■「表現の自由」が民主主義にとってどれだけ大切なものかをまず考えてみたい
■研修で会った稲田さんは「ザ・自民党政治家」だよ。僕には無理(笑)
■表現の自由を守ることは民主主義の大原則だ。しかし・・・・・・
■僕の持論「簡単にツイートできるからといって注意義務は減じない」
■許される表現はどこまで? 法律を知っていればわかる境界線
■フォロワーわずか「10人」でも、名誉棄損は十分成立する!
■ツイッターの危険性を認識できない人はツイッターを使うべきではない
タイトル:
なぜ、たった1回のリツイートが名誉毀損になるのか?―橋下徹の問題解決の授業 SNSの基礎知識編
ジャンル:
社会・政治・法律政治
著者:
橋下徹
出版社:
プレジデント社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/03/10
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード