ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

映画を観れば「世界の今」が分かる! アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の「最前線の映画」を当代一の評論家が鋭く解剖。なにげないシーンやしぐさに秘められた監督の意図、ちょっとした台詞の中に隠された過去の名作・傑作の引用などを次々に読み解いていく――。「町山映画塾」、ますます絶好調!

作品詳細情報

タイトル:
「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書)
ジャンル:
趣味映画・音楽・演劇映画
著者:
町山智浩
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
2.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-11-6 ]

町山さんが、最新の映画を語る。
惹きこまれるエッセイ、もしくは短編小説を読んでいるような気分になる。

私は紹介されている映画1本も観ていなかったが、読んでいて非常にワクワクした。

それは町山さんの豊富な知識をベースに映画を多面的にとらえ、そして本質をはずさない語り口。

スコセッシの沈黙。
原作が語りたかったカトリックと弱さの関係が見事に二重写しになる。

ワンダーウーマン。
ただのアクションものかと思っていた。思い込み、偏見は禁止ですね。女性監督の深い思いの詰まった、画期的傑作。

どんな映画も映画製作側の思いが多くちりばめられている。それを感じ取れるか否かで、映画の楽しみも何倍にもなるのだなーと。町山さんがうらやましくなった。

同じ著者の作品