ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

1940年にドイツ占領下のポーランドに生まれたマイケルは、
ゲットーや収容所暮らしを余儀なくされたのち、
わずか4歳でアウシュヴィッツに送られた。
なぜ、子どもが次々に殺されていった収容所で、
彼は6か月も生き延びられたのか?

悪や絶望がうずまく世界の中で、ひたむきに前を向いて
生きたマイケル一族の姿が胸を打つとともに、
家族の絆や、希望を失わずに生きることの大切さを
あらためて教えてくれる良質なノンフィクション。

作品詳細情報

タイトル:
4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した
ジャンル:
文学・詩集外国文学
著者:
森内薫マイケル・ボーンスタインデビー・ボーンスタイン・ホリンスタート
出版社:
NHK出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
4.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-4-16 ]

若い世代向けに書かれているが、すべての世代におすすめできる心揺さぶるノンフィクション。

著者の1人、マイケルはごく幼いころにアウシュヴィッツに送られ、奇跡的に生き延びた過去を持つ。マイケルがサバイバーとなれたのは、いくつかの偶然の所産だが、その陰には、一族の強い絆と、家族の深い情愛があった。

長年、過去について沈黙を守ってきた彼だが、1枚の写真との出会いをきっかけに、アウシュヴィッツの証言者となることを決意する。
当時4歳と幼かったマイケルのおぼろげな記憶を掘り起こし、裏付けたのは、同じ苦難を乗り越えた同胞のユダヤ人や家族の証言、そして丹念な文献調査だった。
ジャーナリストであるマイケルの娘、デビーは、マイケルの話や他の人々のエピソードを再構成し、読みやすく、心打つ物語にまとめている。

ユダヤ人コミュニティに迫るナチスの手、アウシュヴィッツでの残酷な出来事ももちろん胸に迫る。
だが、それらに加えて、この物語を力強いものにしているのは、帰還後のマイケル一家の姿だ。何もかもを失い、ゼロから、いやマイナスから始めることになった彼らは、手を取り合い、挫けずに生き延びていく。
「これもいつかは過ぎていく(ガム・ゼ・ヤ・ヴォール)」
父の口癖であったこの言葉は、一家を支える灯となる。
全員が命を長らえることはかなわなかった。けれど、亡き人々の思いもまた、次の世代につながれていく。


これは、ユダヤ人としての民族の歴史にとどまらず、すべての人に響く普遍的な物語だ。
理不尽な運命に負けず、毅然として立ち向かった庶民の歴史を生き生きと描く本書は、多くの人の心を捉えることだろう。


* NetGalley(ネットギャリー)https://www.netgalley.jp/という、出版前の本のデジタル版ゲラが読めるサイトでいただいた本です。Amazonの書誌事項が登録されたようなので、こちらにも投稿します。