ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ルバイヤート

オマル・ハイヤーム ほか1名

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

過去を思わず未来を怖れず,ただ「この一瞬を愉しめ」と哲学的刹那主義を強調し,生きることの嗟嘆や懐疑,苦悶,望み,憧れを,平明な言葉・流麗な文体で歌った四行詩の数々.十一世紀ペルシアの科学者オマル・ハイヤームのこれらの詩は,形式の簡潔な美しさと内容の豊かさからペルシア詩の最も美しい作品として広く愛読されている.

作品詳細情報

タイトル:
ルバイヤート
ジャンル:
文学・詩集詩・短歌・俳句詩・詩集
著者:
オマル・ハイヤーム小川亮作
出版社:
岩波書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2016-11-7 ]

死を匂わせながらも、生が輝く力強い詩が揃っています。
ルバイヤートとはペルシア語で「4行詩」のこと。イランの詩人オマル・ハイヤームが中世ペルシア時代――約1000年も前に歌った詩はどれも刹那的な輝きを放ち、時を経て現代をも照らす力があります。

いつか死ぬ。だからこの一杯を味わおう。
今この瞬間、今ある命を、精一杯光らせるために。
人生の儚さと生命の瞬きを愛でた、珠玉の詩。

同じ著者の作品