ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ライシテから読む現代フランス-政治と宗教のいま

価格:840(税抜)
※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

数々のテロ事件を受け,フランスはいま政治と宗教,共生と分断のはざまで揺れている.国内第二の宗教であるイスラームとの関係をめぐり大統領選挙の主要争点ともなったライシテとは何か.憲法1条が謳う「ライックな(教育などが宗教から独立した,非宗教的な,世俗の)共和国」は何を擁護しうるのか.現代の難題を考える.

作品詳細情報

タイトル:
ライシテから読む現代フランス-政治と宗教のいま
ジャンル:
社会・政治・法律政治
著者:
伊達聖伸
出版社:
岩波書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
3.9MB
配信方式:
ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-5-16 ]

ライシテ(laïcité)とはフランス独特の世俗主義(俗権主義)・政教分離の原則・政策のことらしい。ローマカトリック教会が国教会だった大革命前の時代からフランスの宗教政策は大きく変貌してきている。プロテスタント迫害のカラス事件(1761年)、ユダヤ人迫害のドレフュス事件(1894年)、そして現代ではムスリムとの間で(迫害ではなく!)発生しているスカーフ着用禁止事件はフランスがライシテをルールとして確立してきたことから逆に摩擦を呼んでいる!カラス事件に対してはヴォルテールが、ドレフュス事件に対してはゾラが弁護に立ち上がったという。これらの歴史を経て、ライシテを確立してきたフランスがそれゆえに、イスラムから目の敵にされているように感じるのは気の毒。ライシテ大国・日本はイスラムが身近になってきた場合には他所事ではなくなるように思う。ヴォルテールの言葉「謙遜と平和のうちに生き、侮辱の赦しを説いた申請にして甘美な宗教は、我々の欲望と熱狂によって、あらゆる宗教のなかで最も不寛容で野蛮な宗教になった」とキリスト教を批判している言葉は皮肉で重い警告だ。サルトルのユダヤ人定義の言葉がこれまた皮肉で、含蓄深い。「ユダヤ人とは。他の人々がユダヤ人と考えている人間である。これが単純な真理であり、ここから出発すべき。反ユダヤ主義者が、ユダヤ人を作るのである。…一口に言えば、近代国家のうちに、完全に同化され得るにも関わらず、国家が同化することを望まない人間として定義される。」クリスマスの飾り付けがライシテ違反として裁判になるフランスに対し、クリスマスは勿論のこと神道・仏教的な行事が慣習として抵抗なく受け入れられる日本とは何なのだ!と思う。最後に引用している憲法学者・宮沢俊義氏の指摘の通りである。今まさに日本の現状を示している。「日本国憲法は徹底したライシテを採用した。…思想の自由や宗教の価値に対する強い信頼がなければ、そのライシテの基礎は極めて弱い」