ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

消された信仰~「最後のかくれキリシタン」――長崎・生月島の人々~

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

新・世界遺産から黙殺された島があった!

250年以上も続いたキリスト教弾圧のなかで信仰を守り続けた「かくれキリシタン」たち。その歴史に光を当てようとしたのが日本で22番目の世界遺産となる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」だ。

ところが、PRのために長崎県が作ったパンフレットからは、「最後のかくれキリシタンが暮らす島」の存在がこっそり消されていた。

その島の名は「生月島(いきつきしま)」。

今も島に残る信仰の姿は、独特だ。音だけを頼りに伝承されてきた「オラショ」という祈り、西洋画と全く違う筆致の「ちょんまげ姿のヨハネ」の聖画・・・・・・取材を進める中で、著者はこの信仰がカトリックの主流派からタブー視されてきたことを知る。一体、なぜ――。

第24回小学館ノンフィクション大賞受賞作。選考委員激賞!

◎高野秀行(ノンフィクション作家)
「世界遺産の意義とは? キリスト教とは何か? 奥深い問いを投げかける作品だ」

◎三浦しをん(作家)
「いまを生きる『かくれキリシタン』たちの生の声が胸を打つ。綿密な取材に感動した」

◎古市憲寿(社会学者)
「『ちょんまげ姿のヨハネ』をはじめ、謎めいた習俗を紐解く過程が抜群に面白い!」

作品詳細情報

タイトル:
消された信仰~「最後のかくれキリシタン」――長崎・生月島の人々~
ジャンル:
心理・思想・歴史宗教宗教・キリスト教
著者:
広野真嗣
出版社:
小学館
掲載誌:
ファイルサイズ:
3.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-9-7 ]

ネットで見かけて。

長らく隠れキリシタンとして暮らしていた長崎の人々。
明治時代になって、カトリックが再度渡来し「信徒発見」された後、
カトリックに立ち戻った人々と、そのままの信仰を続けた人々。
世界遺産として登録されるため「物証」が必要だという「ご都合」と本当の姿の矛盾。

正直、「世界遺産」にはうさん臭さを感じているのでそこはどうでも良いのだが、
信仰とはなにか、宗教とはなにかを考えさせられた。

隠れキリシタンの変容してしまった、またイエス・キリストによる救済が理解されていない信仰は、
キリスト教とはいえないと言われている。
それであれば、禁教令により殉教し、長年独自のオラショを唱え、
ちょんまげ姿の洗礼者ヨハネを拝み、組を組織し信仰を守った人たちが信じていたのは何だったのか。

長崎純心大学の宮崎賢太郎教授は、
そもそも日本のキリスト教はその伝来時から「一神教」としての教義が理解されておらず、
信徒たちは「キリスト教徒」ではなかったと主張している。
日本人が信徒となったのは、宣教師が持っているメダイのような〈呪物〉がほしかったからであり、
もともと〈よくわからない秘密めいたもの〉有り難がる傾向のある日本人には、遠い国からやってきた神様のものだから、より効き目があると信じた。
そして、その効き目のある、恐ろしい神様を捨てたらに祟られると思い、殉教し、また隠れキリシタンとなったと説明していた。

筆者はその主張に納得してないようだったが、
外から来たものを有り難がり、何かの基準でそれを自分のものとしてしまうという傾向は日本人の基本的特徴だと常々考えているし、
また、〈よくわからない秘密めいたもの〉、奇跡だったり、聖域だったり、呪物だったりを信じることが信仰だと考えているので、
祟りを恐れたかどうかについては異論があるが、基本的には賛成できる主張だった。

信仰とは、理屈ではないことを信じること、宗教とは、理屈ではないことを主張する組織であること。
今は失われつつある、隠れキリシタンとしての信仰は、
例えローマ・カトリック教会という宗教団体に認められなくても「信仰」であることに間違いはない。

生月島の地区のまとめ役の人が、
「自分たちの続けてきた信仰が伝統のキリシタン。
明治に来たのは新しい宗教で、”ローマ教会に戻る”という感覚はなかったと思います」と述べているが(164頁)、まさにその通りだと思う。
それこそが信仰だ。
誰が何と言おうと、自分の信じているものを信じる。
そして、組という組織があって、行事という儀式があって、御前様を信じている隠れキリシタンは、
極東の島で派生だったかもしれないが、生まれた宗教なのだ。

明治になって「信徒発見」したローマ教会がどれほど感動したかには、胸が熱くなる。
だが、悪いが、いまだ日本は「暗黒の島」であり続けている。
もしかしたら、生月島の人たちが信じている中江ノ島の聖水、
昭和になってカトリックと隠れキリシタンと拝み比べをした聖水を、
「奇跡の泉」として認めていたなら、
暗黒にも薄日が差していたかもしれない。