ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

おしっこちょっぴりもれたろう

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

ぼく、おしっこちょっぴりもれたろう。おしっこをするまえかしたあとに、ちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。ズボンをはいたらわかんないんだから。しばらくするとかわくんだから。でも、ぼくみたいにもれたろうでこまっている人、ほかにもいるんじゃないかな? 子どもの悩みがちょっぴり軽くなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

作品詳細情報

タイトル:
おしっこちょっぴりもれたろう
ジャンル:
児童絵本3・4歳むけえほん
著者:
ヨシタケシンスケ
出版社:
PHP研究所
掲載誌:
ファイルサイズ:
41.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-6-26 ]

立ち読み

『なつみはなんにでもなれる』のシリーズなのかな?
サイズが同じで表紙のデザインも似てる
でも内容は全然違う

うちは女の子ばかりなので
共感できなくもないが
感情移入まではいかないかなと
買うまでには至らなかった

本屋で見つけて
思わず最後まで読んでしまった
ヨシタケさんは
いつも人の心をぐっと掴んで離さない
人間の習性というか
人間臭さを描いてくれる
言われるとわかるけど
自分ではこうはいかない
そこにシビれる!あこがれるゥ!

最後は
「お前(の血)か!!」と
声を出してつっこんでしまった
上の子と読んでなかったら
この本屋に二度と来れないとこだった

同じ著者の作品