ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場

読み放題プラン:初回登録時30日間無料

読み放題プランに入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

★ 御詠歌をしずかに味わい、心に刻む。

★ 観音巡礼の道を想いながら、文字をなぞって書き写す、あたらしい札所巡りの旅へ。

★ 筆書きによるお手本のほか、御詠歌の意味、各霊場の由来など解説も充実しています。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

心を澄ませてなぞり書きすれば、観音菩薩が身近に感じられる。

青空にぽっかり浮かんだ白い雲に導かれ、日常生活を忘れ、無欲の境地で霊場を訪ねて回りたい・・・。
ふいにそんな思いに駆られることがあるだろう。
札所巡礼が今人気だ。
リタイヤした団塊世代とともに、若い人の増加がこのブームを後押ししている。

人生のリセット、自分探しや癒しを求めた旅、一時避難など理由は様々だ。
巡礼者の増加には、生きにくさを増した現代社会が背景にあるように思える。
とはいえ、実際に札所に足を運ぶのは大変だ。
費用はかかるし、ある程度まとまった時間も必要になってくる。

そんな方におすすめしたいのが、御詠歌のなぞり書きである。

なぞり書きをしているとささくれだったキモチの角が取れ、心が落ち着いてくる。
そして、何か大きなものに抱かれているような安心感も湧いてくるだろう。
仏に祈ったり、座禅を組んだりする行為に似ていると語る人もいるくらいだ。

書きながら自分なりの歌の解釈を見つけるのもいいだろう。
歌の内容がわかると、その札所の魅力も倍加する。
意味を理解してから参拝すれば、より深い感動が得られるはずだ。

毛筆での模範例を書道家の樋口秀岱先生に示してもらった。
これを参考に筆書きにも挑戦していただきたい。


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆第1章 西国三十三所の基礎知識
* 西国三十三所とは
* 観音菩薩とは?
* 参拝の手順とは?
・・・など。

☆第2章 鉛筆でなぞり書きしてみよう
* 那智山 青岸渡寺
* 豊山 長谷寺
* 紫雲山 頂法寺 六角堂
・・・など全三十三札所。
*コラム コレクターも登場する空前のブーム 今や御朱印そのものが信仰の対象に

☆第3章 書道に挑戦してみよう
*コラム 絵画的な「和モダン」がテーマ 書道家 樋口秀岱氏

作品詳細情報

タイトル:
えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場
ジャンル:
趣味アート・デザイン書道
著者:
八木透樋口英岱
出版社:
Mates-Publising
掲載誌:
ファイルサイズ:
15.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード