ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

知の仕事術(インターナショナル新書)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

混迷深まる現代を知的に生きていくためには、「情報」や「知識」だけではなく、さらに深い「思想」が必要だ。それをいかにして獲得し、更新していくか。自分の中に知的な見取り図を作るための、新聞や本との付き合いかた、アイディアや思考の整理法、環境の整えかたなどを指南する。小説だけでなく、時評や書評を執筆し、文学全集を個人編集する碩学が初めて公開する「知のノウハウ」。

作品詳細情報

タイトル:
知の仕事術(インターナショナル新書)
ジャンル:
実用教養一般教養
著者:
池澤夏樹
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2017-7-1 ]

池澤夏樹さんとは2度、お会いしたことがあります。
1度目は札幌での講演会、2度目は岩見沢での講演会。
岩見沢での講演会では、主催者の方に案内されて池澤さんの控え室へ行き、ご挨拶することもできました。
主催者の方は、「末永さんも小説を書く方なんです」と余計なことを云いました。
芥川賞を受賞してデビューし、その後も数々の小説、エッセーなどを世に出し、さらには世界文学全集、日本文学全集の編集までしてしまう池澤さんからすれば、たかが一地方の文学賞を取ったに過ぎない自分など、小説を書いているうちに入らない。
私は恐縮しきりで、ひたすら頭を下げるだけでした。
で、たまたま寄った本屋で見つけたのが本書。
「池澤さんは、こんな本まで書くのか」と珍しくて手に取った次第。
「自分の中に知的な見取り図を作るための、新聞や本との付き合いかた、アイディアや思考の整理法、環境の整えかた」(本書そでの説明文より)を分かりやすく教えてくれます。
それも大変ためになりますが、私は池澤さん個人のこだわりを面白おかしく読みました。
本書でも書いていますが、池澤さんって個人的なことはこれまでほとんど書いてこなかったのですよね。
たとえば、池澤さんは喫茶店や図書館では本を読まないそう。
何故なら「集中できない」から。
分かります、自分もそうだから。
気付いたら同じ行をもう一度辿っていたなんてこともしばしばです。
池澤さんは本をフローとストックというふうに分けて考えていて、たとえば作品を書くために使った本は潔く手放してしまうそう。
本棚の中身も定期的に入れ替えていると云いますから、なかなか徹底しています。
私は蔵書が1千冊近くありますが、なかなか捨てられません。
本書で紹介されている、書評の数々も実に面白い。
特に、冨山太佳夫評「新グローバル英和辞典」は、それ自体が愉快な読み物でした。
ものを書く人には、大変にためになる1冊でした。

同じ著者の作品