ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

生きる哲学としてのセックス

通常価格:798円 → 値引き価格:478円
2/22 0:00まで

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

御年80にして現役のAV監督、代々木忠。彼は半世紀以上にわたり「女が本当にイク姿」にこだわりカメラを回してきた。その出演者には、26歳にして男性体験1008人の女性、衆前で犯されたい元総理大臣の姪など「イケない」悩みをもつ女性が多数いた。異世界の話のようだが、彼女達が抱える闇は現代を生きる我々全員に無縁ではない。不倫もセクハラも、真のオーガズムを知れば無くなるのだ。日本人よ、もっとセックスをせよ。熟年たちの精力増強に効く「性器呼吸」も収録。性に悩む全ての男女へ捧ぐ革命的一冊。

作品詳細情報

タイトル:
生きる哲学としてのセックス
ジャンル:
心理・思想・歴史哲学・思想
著者:
代々木忠
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-8-11 ]

ヨヨチューの言葉には独特の質感がある。言葉が浮ついておらずどっしりとしている、良く見られようという虚栄が見えない、そして批評や非難が皆無である。生き仏のような人物で、この人と同時代に生まれたことを自分は僥倖と捉えている。

この本のキーワードは、自己開示と本能の賦活。開示は正直さと言い換えることができるし、また本書には、計算できないことにチャレンジすることが本能の復権に繋がると書かれている。ありがちかもしれない。しかし、書かれている内容は普遍的であっても、ヨヨチューが言うと凡百のライフハックとは次元が異なる重みと説得力が生まれる。

同じ著者の作品