ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

「他力本願」マネジメント

読み放題
2021/9/30 23:59までFAQ
通常価格:1,650円 → 値引き価格:825円
2021/10/1 0:00まで

はじめての入会なら30日間無料!

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
浄土真宗の高僧と、人事のプロが提言!

リーダーとして大切なことは、
すべて親鸞聖人から学べ!

今のリーダーに必要なのは、親鸞聖人の教えである「他力本願」の心。
会社の成長と社員の幸福を実現させるための答えが、ここにある!

----------------------------------------------------------
「社員が辞めない会社にするには何をすればいいか?」
「部下の上手なほめ方、叱り方はあるか?」
「生産性を向上させるために、マネジメント層が一番はじめにすべきことは?」
「なぜ、マーケティングだけではヒット商品を生み出せないのか?」
「リーダーは常に利益を追求していてはダメなのか?」
「会社には、経営理念を掲げたほうがいいのか?」
「いかにして、社員に会社への愛着を高めてもらえるか?」
「なぜ一流の経営者は、仏教に傾倒していくのか?」 etc.

企業のリーダー層が抱えるリアルな悩み・課題に対して、
浄土真宗本願寺派宗会議長の浅野弘毅と、
これまで1000社以上の企業に独自の人事評価制度を提案し、
企業の発展を支えてきた人事のプロ・髙橋恭介が、
「他力本願」をキーワードに徹底的にアドバイス!

------------------------------------------------------------

【髙橋恭介からのメッセージ】

「他力本願」という仏教用語をビジネス的に解釈すると、
他力本願の「他力」とは「社員」のことだと考えられます。
会社という組織において、経営者一人だけの力というのはたかが知れています。

「社員」という自分よりも大きな存在を大切にすることで、
はじめて会社は会社としての能力を発揮していくといえるのではないでしょうか。

ノウハウの側面からいうと、社員を大切にするということは、
私は時代に見合った人事評価制度を整えることだと考えております。

また、現在「働き方改革」を迫られるリーダー層にとって、
「企業の持続的な繁栄」と「社員の幸福」を両立することは喫緊の課題です。

浅野御住職が語られる親鸞の教えは、
まさにこの課題を解決するために必要な
リーダー層の「人間力」を高める箴言に溢れています。

本書は、すべての中小企業経営者の「心を救う」ものです。

どうにも経営に行き詰っているとき、
何をしても上手くいかないとき、
経営から逃げ出してしまいたいとき、
廃業すらしてしまいたいとき、
孤独な日々が続いているとき、

ぜひ本書を傍らに置いて、
親鸞聖人の教えに耳を澄ませてみてください。

経営者はいかにして生き、
いかにして社員と向き合い、
いかにして100年企業を実現するか、
そのためのヒントが必ず見つかるはずです。
タイトル:
「他力本願」マネジメント
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
浅野弘毅髙橋恭介
出版社:
アスコム
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/08/01
書籍発売日:
2018/08/01
ファイルサイズ:
7.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード