ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

メンチカツの丸かじり

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

メンチカツ、すき焼き、昆布茶・・・・・・シリーズ第三十八弾!

コロモで囲まれ、油で揚げられ、団結を深めた肉たちのミッシリ感。
あのサイズには、意地と面子がかかっていた! 今回も大満腹!

メンチカツはコロッケよりも立場が弱い。
不公平だと思う。
メンチカツ一個をほぐしたら何十個分のコロッケが作れると思ってんのかッ――
真面目なメンチカツの報われなさを嘆き、
健康の敵として疎まれる角砂糖への恋心を募らせ、
見栄でラーメンスープをちょい残しする自分に煩悶。
大好評の食エッセイ第38弾!

解説・小宮山雄飛

作品詳細情報

タイトル:
メンチカツの丸かじり
ジャンル:
小説エッセイ・随筆
著者:
東海林さだお
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
8.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-8-9 ]

あー、読み終わっちゃった。もったいないからジワジワ読んでいたのに、つい読み終わってしまった。あー。
今回のベストは、なんといっても「お餅は踊る」でしょう。この観察眼、この表現力、まさに丸かじりシリーズの真骨頂と言っていいと思う。すばらしいなあ。大好きだよ。

同じ著者の作品