ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

会社を後継者にうまく引き継ぐたった一つの方法

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
■事業承継を期に倒産する会社が続出しています!!

いま、この説明をお読みの皆さまの多くが
会社の後継者が見つからずお困りの経営陣や、
先代から会社を引き継ぐ予定の後継者の方でしょう。

さて、そんな方々に質問です。
以下の項目に、一つでも当てはまる方は
事業承継に失敗する可能性大です。

①後継者が見つかれば、あとは安泰と思っている

②引き継ぐにあたって、株式や資産、
法律上の手続きのことしか考えていない

③ビジネスモデルもそのまま次世代に
引き継げると思っている

なぜ、こうした考えだと失敗するのでしょうか。

みなさんは、事業を後継者に引き継ぐために
大切なこととして何を思い浮かべますか?
多くの方は、後継者の育成、相続税対策や
債務保証の引き継ぎ、取引先との関係維持などを
真っ先に考えるのではないでしょうか。
たしかにこれらも大切なことです。

しかし私は断言します。企業にとって
一番大切なのは「ヒト」、
つまり従業員であるということを。

あなたの会社は本当に従業員を大事にしていますか。
従業員が「この会社が好きだ」と胸を張って
言ってくれますか。
従業員がずっと会社を辞めずに
会社のために頑張ってくれると言えますか。

会社が代替わりするのを機に、
従業員の心が会社から離れ、退職する社員が現れたり、
生産性が下がることは珍しくありません。

2016年には、休業・廃業した企業が
前年比3000件を超え、過去最多を更新しました。
こうした企業の中には、事業承継を期に
休廃業したケースも多く含まれます。
単に後継者が見つからないだけでなく、
後継者がいても、従業員の離反をきっかけに
会社が傾いた例がかなりあるのです。

「人は石垣、人は城」という言葉は、
まさに中小企業のためにあると言っても
過言ではありません。
一つの石が抜けたり、壊れたりすれば、
石垣がたちどころに壊れてしまします。
それを防ぐことはもちろん、さらに社員一人ひとりの
能力を最大化できれば、あなたの会社は、
今よりずっと大きな「城」となり得るのです。

しかし社員一人ひとりを細かく見ていくことは、
なかなか大変ですよね。
それに、何から手を付けていいか分からない
という方も多いでしょう。

そこで、おすすめしたいのが、社員を正しく評価できる
「仕組み」を導入することです。
それこそが、私が申し上げたい、事業承継を成功させる
「たった一つの方法」にほかなりません。
詳しい方法は、この本に書かれています。
タイトル:
会社を後継者にうまく引き継ぐたった一つの方法
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
高橋恭介
出版社:
アスコム
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/08/20
書籍発売日:
2018/08/01
ファイルサイズ:
6.1MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード