ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

信長の原理 【電子特典付き】

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

織田信長の飽くなき渇望。家臣たちの終わりなき焦燥。焼けつくような思考の交錯が、ある原理を浮かび上がらせ、すべてが「本能寺の変」の真実へと集束してゆく――。まだ見ぬ信長の内面を抉り出す、革命的歴史小説!吉法師は母の愛情に恵まれず、いつも独り外で遊んでいた。長じて信長となった彼は、破竹の勢いで織田家の勢力を広げてゆく。だが、信長には幼少期から不思議に思い、苛立っていることがあった――どんなに兵団を鍛え上げても、能力を落とす者が必ず出てくる。そんな中、蟻の行列を見かけた信長は、ある試みを行う。結果、恐れていたことが実証された。神仏などいるはずもないが、確かに“この世を支配する何事かの原理”は存在する。そして、もし蟻も人も同じだとすれば・・・・・・。やがて案の定、家臣で働きが鈍る者、織田家を裏切る者までが続出し始める。天下統一を目前にして、信長は改めて気づいた。いま最も良い働きを見せる羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益。あの法則によれば、最後にはこの五人からも一人、おれを裏切る者が出るはずだ――。累計10万部超え『光秀の定理』の空白はここに繋がり、歴史小説はまた、進化を遂げる。※電子書籍版特典として、「小説 野性時代」2016年8月号掲載「垣根涼介×東山彰良 連載開始記念対談」がついています!

作品詳細情報

タイトル:
信長の原理 【電子特典付き】
ジャンル:
小説歴史・時代小説
著者:
垣根涼介
出版社:
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌:
ファイルサイズ:
5.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-20 ]

史実を新解釈で照らした歴史小説というよりも、現代の企業組織論や効率至上主義のテーマを戦国時代、安土桃山時代を舞台に、織田信長と主要家臣たちを役者として演じさせてみたというように見える。
垣根涼介の、この「定理」「原理」シリーズでは、人智を超えて世界を覆っている摂理を理解しようとあがきながら、それに絡め取られ、どうしようもない流れに飲み込まれる人間を描いている。

同じ著者の作品