ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

幽霊たち

通常価格:1,440円 → 値引き価格:864円
2/22 0:00まで

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

見えない復讐と、さらなる復讐。
しなくていい殺人の果てしない果て。

40年前、資産家・岩楯一族を崩壊した秘密と嘘と誤解が、
今、再び血の惨劇を引き起こす!

西澤保彦、超絶のミステリ。



アルコールの過剰摂取で入院中の作家・横江のもとを刑事が訪ねてきて「加形野歩佳【ルビ:かなたのぶよし】(33)を知っているか?」と訊く。加形野歩佳は多治見康祐【ルビ:たじみこうすけ】(57)を殺害し、早々に自首したという。殺された多治見は横江の元同級生で、加形は横江の親戚の息子だった。加形は、自首はしたが動機を語らず、ただ「理由を知りたければ横江継実に聞いてくれる」と語っているという。横江は加形のことは面識も存在も知らなかったが、加形の父や多治見と過ごした40年前、幾つもの血族の婚姻関係が重層する岩楯一族と暮らした子ども時代を思い出すと、幽霊のように記憶の残影が立ち現れるのだった。それらは往時には気づかなった、惨劇の印がいたるところに残されていた・・・・・・。

作品詳細情報

タイトル:
幽霊たち
ジャンル:
文学・詩集日本文学
著者:
西澤保彦
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-11-29 ]

事件関係者の繋がりが見えそうで見えない不可思議な殺人事件。その根っことなる40年前の様々な事件にさかのぼり、現在と過去の事件の謎を解き明かすミステリ。主人公の前に現れる奇妙な幽霊と、複雑な家族関係に潜む謎には驚かされました。
とにかく人間関係がややこしい。けれど読み進めればすっと入ってくるので、把握するのにはそれほど苦労しませんでしたが。悲喜交々の人間模様がなんとも異様としかいいようがなく。そりゃあ事件の起こりそうな家庭環境ではあるかも、と思わされてしまいました。
幽霊に語ってもらえればすべて解決かと思いきや。そううまくいくわけもなく(それに、面白くないですよねえ)。しかしまさかそういうことだったは……。これは予想できないなあ。

同じ著者の作品