ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

死神刑事

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

警視庁に死神あらわる!? 強盗殺人、偽装殺人、痴漢冤罪、誘拐・・・・・・。無罪となった事件を再捜査する男がいた!! その常識破りの捜査からは、誰も逃げられない――。「福家警部補」シリーズで話題の著者が放つ、新感覚警察小説

一年前に起きた『星乃洋太郎殺害事件』で、逮捕された容疑者に無罪判決が下された。時を同じくして、当事捜査に加わっていた大塚東警察署刑事課・大邊誠のもとに一人の男が現れる。男の名は、儀藤堅忍。警視庁内にある謎の部署でひとり、無罪確定と同時に事件の再捜査を始める男。警察組織の敗北を意味する無罪確定。再捜査はその傷を抉り出すことを意味した。儀藤の相棒になる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされることになる。その為、儀籐に付いた渾名は〝死神″。大邊は、その相棒に選ばれ、否応無しに再捜査に加わることに――。 (「死神の目」より)
《逃げ得は許さない》――「福家警部補」シリーズで話題の著者が放つ、新感覚警察小説。

作品詳細情報

タイトル:
死神刑事
ジャンル:
文学・詩集日本文学
著者:
大倉崇裕
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.2MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-17 ]

「警視庁の方から来ました」と現れる儀藤堅忍,通称・死神。無罪判決が出た事件について,捜査に携わった警察官を相棒に選び,独自捜査を始める。警察の敗北である無罪をほじくり返すことから,選ばれてしまった相棒はその後つまはじきにされるという噂もあるが。人を食ったような儀藤が明かすのは意外な真相。25年前の誘拐事件(捜査に当たった刑事自身も疑われた)に光を当てる「死神の背中」は物悲しい結末。

同じ著者の作品