ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

守りつつ攻める企業―BCG流「攻守のサイクル」マネジメント

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
カイゼンを徹底しながら
イノベーションを起こす!

事業のライフサイクルを考えてみると、誕生から成長、成熟を経て衰退を迎える。
誕生から成長の期間が「攻め」であり、その代表がイノベーションである。成熟から
衰退を「守り」と考えると、その代表がカイゼンである。

事業のライフサイクルは、創業期・成長期は攻めるという行動をとり、成熟期・衰退期は
守るという行動をとるのが普通であり、攻守の切り替えは急にはできない。しかし、
事業のライフサイクル・マネジメントの視点に立つならば、各事業のライフサイクルを
理解したうえで、いかに円滑に攻めから守りにシフトしていくか、そして、いかに
革新的に守りから攻めに転換するかが要諦となる。

本書では、事業のライフサイクルを時間軸でマネジメントする方法を示し、各企業が
「攻めつつ守り、守りつつ攻める」ことができる優良企業になるための方法が明かされる。

成長期・成熟期も終わり、衰退期の真っ只中にいる日本企業は多い。そうした企業に
向けては、「次の攻めの準備」についてが解説されている。成長期にある事業・企業に
ようにして守るのか」が解説されている。
タイトル:
守りつつ攻める企業―BCG流「攻守のサイクル」マネジメント
ジャンル:
ビジネス・経済経営経営・経営学
著者:
井上潤吾
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/09/07
書籍発売日:
2011/06/13
ファイルサイズ:
11MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード