ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

高校生活も残りあとわずかとなった秋、姉への依存症を克服した中葉悠介は、蜜柑花子と初めて出会った屋上でのひとときを楽しんでいる。そんな学校生活のなかにもトラブルは潜んでいた――。体育の授業前の更衣室で中葉が落とした物から、知らぬ間に想定外のトラブルへと?がっていく「ルサンチマンの行方」。ミステリ研究会部員が思い描く理想のダイイング・メッセージの定義「オレのダイイング・メッセージ」など、犯人(?)側視点から描いた全4編。蜜柑花子の鋭利な推理と、高校生らしいあわただしくも爽やかな日々を描く。

作品詳細情報

タイトル:
放課後の名探偵
ジャンル:
小説ミステリー・サスペンスミステリー・サスペンス(国内)
著者:
市川哲也
出版社:
東京創元社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-10-21 ]

名探偵・蜜柑花子シリーズの第5弾で、高校生時代の蜜柑を描いた連作短編集としては2冊目。
取り敢えず今までのシリーズの中では一番面白かった。この著者は複雑な構成の長編より、こういうあっさりした短編の方が実力が出ると思う。今回は変則的な倒叙物の4編だったが、蜜柑はキチンと推理したり直感に頼ったり、顔見せ程度にチラッと出てくるだけだったりで、型に嵌らないのが逆に楽しかった。蜜柑を取り巻く高校生達も、嫉妬や対立や自殺願望など、若さ故の揺れ動く心情が巧く描かれていて感心した。高校生編は後一冊位書いてくれるのかな?

同じ著者の作品