ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

武術空手の知と実践 相対の世界から絶対の世界へ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

武術空手の究極“戦わずして勝つ”を可能にするゼロの力とは――

琉球と呼ばれていた時代の沖縄では国の統治として武器を持たない国としての道を選びました。すなわち戦って勝つのではなく戦いのない平和を選んだということであり、そこには、攻撃ではなく防御、つまり自分を守る、家族を守る、国を守るための高い次元の思想がありました。
その心をもった空手(ティー)から生まれた武術空手の「知」は高次元の指針であり、「実践」は知に基づく具体的な行動です。
本書のタイトルに、『武術空手の知と実践』とあるのは、空手が「武術」と言われた時代の原点に戻ることによってその厳しさを見直すという意味合いがあると言います。

作品詳細情報

タイトル:
武術空手の知と実践 相対の世界から絶対の世界へ
ジャンル:
趣味スポーツ・アウトドアスポーツ
著者:
宇城憲治
出版社:
どう出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
17.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-8-25 ]

帯裏
武術空手の究極
“戦わずして勝つ”を可能にするゼロの力とは
見返し
琉球と呼ばれていた時代の沖縄は、国の統治において武器を持たない国としての道を選びました。このことは、戦って勝つのではなく、戦いのない平和を選んだということです。そしてそれは、相対的世界ではなく、絶対的世界を選んだということでもあります。そこには攻撃ではなく防御、つまり自分を守る、家族を守る、国を守るための高い次元の思想があり、それが沖縄の守礼の門に掲げてある「守禮之邦」そのものです。だからこそ、その心を持った手(空手)でなければなりません。
武術空手の「知」は高次元の指針であり、「実践」は知に基づく具体的な行動です。武術空手の「知と実践」は無から有を生み、そこに変化・進歩・成長があります。(本文より)

同じ著者の作品