ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019-2038

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

20世紀末からの20年、ビジネスの覇者は製造業からITへと移った。これから20年はさらなる変化を迎える。そのときビジネスパーソンに求められるのは、イノベーション(技術革新)を起こす力ではない。むしろ既存の技術を応用し、新たな業界へ攻める力と、未来への戦略を立てるための業界横断的な情報収集力、そして先見の明だ。本書は、広範なデータに基づき、〈コンビニ〉〈エネルギー〉〈インフラ〉〈宇宙〉〈アフリカ〉など注目の20業界の未来を予測。変化の特徴、業界の現状、今後稼げる商品を具体的に提案する。20年分のビジネスアイデアを網羅した、時代の本質を見極める一冊。

作品詳細情報

タイトル:
未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019-2038
ジャンル:
ビジネス・経済経済経済
著者:
坂口孝則
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
17.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-5-4 ]

2019~2038年の20年について、1年を1節としてさまざまな業界の予想を語った本。
ある程度、統計データを用いて説得力のある予測も多いのだけど、あとがきで自分語りと書いてあるとおり、中にはちょっと無茶なような気がする未来予測も。少子高齢化で人口は減少するけど、ライブの観客動員数は伸びるの? と思った。
安倍政権のすすめる6次産業化について、6は1次産業と2次産業と3次産業を掛け合わせたものだから、1×2×3で6と書いてあって、そうだったのかと思った。てっきり足し算で、1+2+3なのかと(と思ったけど、Wikipediaでは足し算と書かれてあった:https://ja.wikipedia.org/wiki/6%E6%AC%A1%E7%94%A3%E6%A5%AD)。
なお、日本では人口減少となるけど、アフリカでは人口がどんどん増えていくらしい。なので、中国ではアフリカを強く援助していて、親中ともいえるアフリカの国は多いらしい。日本でも安倍政権がアフリカに3兆円規模の投資をしようとしているそうだけど、好感度は良くも悪くもなさそうな感じ。インフラは整ってないそうだけど、意外と携帯電話は普及してるそうだしね。そこでうまく教育やビジネスが進んでいけばいいのだけど。
後、老人ホームでの話題ナンバーワンは、入居者同士の恋愛話だとか。そういやうちの祖母も、老人ホームで仲いいおじいちゃんがいるなぁ。あれも恋愛感覚なんだろうか。
それと、世界的に人口が増えていく中、かかせないのは水らしい。水でおおわれてる星なのに、水が足りないという問題になってしまうのはなんとも皮肉な話。海水を真水に安価に変える仕組みが発見できたらノーベル賞級なんだろうけどね。
そういえば、日本の女性の学力は、世界でもトップクラスなのだとか。だけどなぜか、管理職の比率は低いという。東大卒で専業主婦という話を聞くともったいないと思ってしまう自分(その考え自体、差別的かもしれないけど)。
人工知能についての話は、著者はPythonを使って自分で機械学習のプログラミングを行ったというのはすごいなと思った。自分はプログラミングの知識はある程度あると思うけど、機械学習のプログラミングまではしたことないので、その行動力は羨ましい。

同じ著者の作品