ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

三島由紀夫はなぜ、昭和天皇を殺さなかったのか

読み放題
価格:600(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

「自衛隊を天皇に返そう!!」と叫び1970年に自決した三島由紀夫にとって、天皇とはどんな存在だったのか?1968年、日大全共闘の一員として国家権力と対峙していた著者が、まったく同じ時期に急速な右旋回を遂げ、割腹自殺して果てていった三島由紀夫について綴る、まったく新しい三島文学論。

作品詳細情報

タイトル:
三島由紀夫はなぜ、昭和天皇を殺さなかったのか
ジャンル:
実用教養人物評伝
著者:
板坂剛
出版社:
鹿砦社
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-8-3 ]

三島由紀夫研究家として知られる板坂剛氏の三島文学論です。「英霊の聲」、「憂国」、「金閣寺」、「仮面の告白」などの作品から三島の昭和天皇への想いを紐解きます。そんなこともあるかなと思う半面、言い過ぎではないだろうかと思う部分もあります。また、途中、三島以外のいろいろな話題に飛んでってしまう部分もあります。そして、この書名のインパクトが凄すぎです。よく出版が出来たなと思ったのですが、鹿砦社ならありえると思ってしまいました。