ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

「どうせ私なんて…」から脱するためにやってみた11のこと。
~少しずつ、生きることが楽しくなってきました~

累計20万部突破! 『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』のわたなべぽん最新作。
幼少期のしんどい親子関係から自己肯定感が低くなってしまい、
「自分が嫌い」という辛い感情を抱えて生きてきた著者・わたなべぽん。
そんな状態から脱するために、自ら考えたり試したりしてきたことを克明に記した感涙エッセイ漫画。
~大人になった私が、心の中にいる「小さい自分」の"親になったつもり"で行動してみたら、
私が私でいることがラクになってきました~
<目次>
プロローグ スマホを心の盾にして
第一話 つらい記憶
第二話 今からでも、変われる?
第三話 子供の頃、できなかったこと
第四話 思い出の金時計
第五話 子供の頃、して欲しかったこと
第六話 大人になってからの逆上がり
第七話 ほめられたことを信じてみよう
第八話 初めてのライブ
第九話 流行に乗れない理由
第十話 許せなくても幸せになっていい
第十一話 「良い思い出」を思い出せた
エピローグ 自分が好きということ

作品詳細情報

タイトル:
自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと
ジャンル:
小説エッセイ・随筆
著者:
わたなべぽん
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
42.5MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-3-21 ]

かなり共感した。書くの大変だっただろうけど達成感あっただろうなあ。私も同じような努力はしてるけど、うーん。そもそも彼女より恵まれてない気がするからか。回復する前から理解のあるパートナーがいて本当にすごい。どうしたらそういう味方が得られるのか。まあこの人かなり美人さんなんだよねえ。笑顔は身についていて、一定の味方は常にいたのかも。祖母や父親とはまあまあ関係良さそうだったから、ある程度受け取ることはできていたのかも。それから、漫画描くとか自分の好きなことを守れたのも幸運だった、良かったんだろう。

同じ著者の作品