ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

製薬大再編―週刊東洋経済eビジネス新書No.270

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

あらすじ

詳細を見る

武田薬品工業は2018年6月、アイルランドに本社を置く製薬大手シャイアーを買収することで基本合意したと公表した。その額は約7兆円相当。日本の産業史上最大の買収だ。背景にあるのは、国内最大手でも新薬を生み出せなければ没落するという危機感だ。
一方、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑特別教授と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授の2氏に授与すると発表した。本庶氏の研究は、小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」に応用され、2017年にグローバル売上高約6500億円を稼ぎ出した大型薬だ。だが、同じく「抗PD-1抗体」と呼ばれる治療薬では、メルクの「キイトルーダ」の売上高は約4300億円、メルクの猛追で首位を伺う勢いとともに小野薬品には薬価の壁も高い。
製薬大手でも新薬の開発・臨床試験から発売までには、多額の開発費と時間が必要だ。おのずとM&Aが盛んになる。日本の大手製薬の現状をリポートし“タケダショック”が新たな再編の呼び水になるのか探っていく。

本誌は『週刊東洋経済』2018年6月16日号掲載の27ページ分を電子化したものです。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
製薬大再編―週刊東洋経済eビジネス新書No.270
ジャンル:
ビジネス・経済経営企業・組織論
著者:
週刊東洋経済編集部
出版社:
東洋経済新報社
掲載誌:
ファイルサイズ:
14.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品