ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書)

※この作品はPCサイトでは再生できません。スマートフォンアプリからご利用ください。

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

激変を続ける受験の世界。国公私立に海外進学、幾多の塾・予備校・・・・・・親子の目の前に広がる選択肢は多様化の一方だ。いま勢いのある学校や塾は? 東大生の3人に1人が小学生でやっていたこととは? 受験に勝つ子の「3条件」とは? 東大医学部合格者の6割超が通った秘密結社のような塾がある・・・・・・? 子供の受験・進学を考えるようになったら真っ先に読むべき入門書、誰も教えてくれない“新常識”が明かされる。

作品詳細情報

タイトル:
受験と進学の新常識―いま変わりつつある12の現実―(新潮新書)
ジャンル:
社会・政治・法律社会社会学
著者:
おおたとしまさ
出版社:
新潮社
掲載誌:
ファイルサイズ:
13.5MB
配信方式:
ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-12-12 ]

 著者が説く「受験強者」の三条件、私なりに付加説明し少し言い換えて明記すれば、①所与の問題や課題を円滑かつ適切に、しかも出来るだけ迅速に処理し解決する能力 ②所期の結果や成果が出るまで、粘り強く取り組める忍耐力 ③指示または提示されたことに対しては、一切異見をもたず異論をはさまない、愚直なまでに疑わない従順な性格─の現実態は、まさに現代の日本における、国家や企業などの組織の最上層にいる─幸運にも結果的には「受験勝者」となって、いわば外面的な「成功者」として、社会の重鎮の役割を担う、組織の中枢に位置することで「立身出世」したような─いわゆる「選良」たる「統治エリート」の中の多くの人たちに、明確に看取されます。
 とくに①について記せば、大企業病や官僚体質という悪弊にあるとおり、実際は「繁文縟礼」に習熟した中での、形式的事務処理能力を偏重したきらいがあり、③の面からも、「前例主義」や「事勿主義」の傾向が強いために、既成概念や固定観念に囚われない、柔軟な思考で活路を見いだして、本来的には早急かつ適正に解決すべき諸問題、諸課題に対する迅速果断な実務遂行能力において依然として劣っているのが、やはり現代日本の憂うべき病態であり、残念ながら否定出来ない実状と言えるでしょう。

 そしてまた、今なお強くみられる「エートス」たる「日本教」に影響を受けた組織風土、あるいは社風として、総じて下僚たる一般の職員や社員にあっては、いわば思考行動レベルにおいて、過度の「同一性」「均質性」「協調性」が要請される、自然醸成の無形無言の圧搾空気に由来した、集団主義的な同調圧力という様態で、③が主因とも考えられる(集団や組織の)「凝集性」や「一体性」に基づいた業績達成度の高さや速さにみる美点と共に、鬱屈とした悪感情のはけ口になっているような、虐めや嫌がらせ、そしてまた村八分の名称で知られる仲間はずしなどにみるように、旧態依然の宿痾として、功罪両面で表れています。

同じ著者の作品