ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

日銀破綻 持つべきはドルと仮想通貨

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

ちょっとしたきっかけで日本(株・国債・円)売りは突然始まる!
日銀は国会で、異次元緩和という出口なき後始末をどう弁明しているのか?

効果がないにもかかわらず、政府と日銀は、異次元金融緩和をゆるめようとはしない。
異次元金融緩和の何が問題かというと、その出口戦略が皆無であることだ。
金融緩和をやめれば金利は暴騰、円は暴落するのは歴史をみても明らかである。
現在、市場が暴走しないのは日銀がひたすら国債を買っているからであって、こんなことが永遠に続けられるはずはない。
そして日本の借金は膨れ上がる一方で、世界や有識者からの警告が政府と日銀に届くことはないのが現状である。
危機が起こるのを黙ってみていれば、一文無しになってしまう。
日本人はどうすれば自分の資産を守れるのか? 避難通貨として持つべき米ドル仮想通貨についても詳しく解説する。

作品詳細情報

タイトル:
日銀破綻 持つべきはドルと仮想通貨
ジャンル:
ビジネス・経済経済経済
著者:
藤巻健史
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
11MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-1-2 ]

日銀の異次元緩和へ批判の書 出口がなく、ハイパーインフレを招くしかない
全く同感 対案は、金利政策で、「マイナス金利と円安200円」分かり易い
ただしこれが国際社会、特に米国に受け入れられるかはコメントない
一点解らないのが、「巨大な日銀当座預金」
「銀行引受け-日銀の買取り」の経由で有る限りは、日銀当座預金の請求権者である金融機関は日銀券として引き出すしかない
とすると日銀のバランスシートの負債は不変ではないか
日銀が取り付け騒ぎを心配することはない
課題は、日銀当座預金が日銀券で払い出され、モノの購入に向かうこと
その場合、インフレになると、物価水準がコントロールできず、ハイパーになること
これはデフレ脱却の望むところだが、管理は不能と思う

同じ著者の作品