ブックパス

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

かつて人々は魔法が使えたらと願った

読み放題
価格:800(税抜)

読み放題プラン:初回登録時30日間無料

読み放題プランに入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

大学の夏休みを利用して、彩音と徹と薫の三人は、
茨城県にある人気のない浜辺でキャンプを楽しんでいた。

するとそこへ、突然、蝙蝠によく似た、体長5メートルを超える謎の巨大生物が姿を現す。

彩音たち三人はその生物に襲われ、殺されかけるが、しかし、九死に一生を得る。

彩音たち三人を窮地から救ってくれたのは、中世ヨーロッパ時代の甲冑を思わせる
鎧を身にまとった女性であった。

当然のことながら、彩音たち三人は、自分たちの命を救ってくれた女性が
何故現代日本において、わざわざ甲冑を身につけているのかと不思議に思う
のだったが、しかし、その後、女性の口から驚愕の真実が語られる。

その驚愕の真実とは、デタラメに転移魔法を発動させた結果、
彼女は彩音たちの暮らす、現代日本へ辿り着いたのだというものであった。

更にその後、彩音達の前に自衛隊が姿を現す。彼らは現在、平行世界からもたらされた、思念伝達物質というものについて研究しており、それを完成させるために、彩音達にぜひ協力して欲しいと依頼してくる。果たして思念伝達物資とは如何なるものであるのか!? そして甲冑を身に着けた女性は一体どこからやってきたのか!?


こちらは既にKindleから出版している『かつて人々は魔法が使えたらと願った』の1巻から2巻までを一冊にまとめたものになっています。

作品詳細情報

タイトル:
かつて人々は魔法が使えたらと願った
ジャンル:
小説SFSF(国内)
著者:
海田陽介
出版社:
BCCKS Distribution
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じ著者の作品