ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

いちばんやさしい会計の教本 人気講師が教える財務3表の読み解き方が全部わかる本

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

「会計」とは、一言でいえば会社のお金の動きをまとめるためのルールです。本書では、一般のビジネスパーソンが知っておくべき会計の知識を、実際の企業の数字を見ながら身につけていきます。本書で得られるご利益は次の通りです。

・決算書(財務3表)を読み解く力が身につく
・経営戦略が理解できる
・経営指標の読み方がわかる
・企業の経営実態がわかる
・取引先の分析ができる
・数字を根拠にした課題解決につながる

本書では、財務3表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュ・フロー計算書)をわかりやすい図にして、まず全体像をつかみます。それからさまざまな経営指標やお金の動きの分析のしかたまで解説。本書1冊で、会計の基本から会計知識の活用方法までが「スキル」として身につきます。

作品詳細情報

タイトル:
いちばんやさしい会計の教本 人気講師が教える財務3表の読み解き方が全部わかる本
ジャンル:
ビジネス・経済経営会計・簿記
著者:
川口宏之
出版社:
インプレス
掲載誌:
ファイルサイズ:
18.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-1-23 ]

会計初心者です。本書のターゲットど真ん中です。

本書のコンセプト通り、初学者が理解しやすい工夫が凝らされている良書でした。何冊か他の会計本も読みましたが一番良かったです。最初からこの本を読めばよかった・・。

・慣れない会計の数値や用語を直感的に理解できる豊富なイラスト(ROA・ROEの分解は感動)

・概要の解説に加えて、理解を定着させるための、実際の企業の財務諸表を用いた豊富な事例

・指標の定義だけではなく意味の解説。指標に騙されない読み方のフォロー。更に細かい指標の分解のフォロー(なぜ分解すべきなのか指標の意味と読み方がわかる)

・今ラインしやすい分母分子の視覚的な覚え方(C/F←P/L←B/Sの順に並べると計算式になる・・画期的!)

・業界によっての特性の違いによる数値の読み方。
→銀行の自己資本比率が低くてもお金が大きく動いているだけだからビジネスモデル上問題ない。だから小会社に銀行を持ってる企業の連結決算の読み方は注意など

・・・などなど。こうしたポイントは自分も何かを人に伝える時に、考えないとなぁと思わされました。


また、企業事例も興味深いものばかりでした。

・ヤマトと佐川の収益性(純利益率)の違い
→売上でなく利益重視うよる佐川のEC事業撤退が読める

・ZOZOの収益性(純利益率)の高さ
→ネット企業は原価が発生しないか利益率有利

・ニトリの収益性(純利益率)の高さ
→PB商品をメインにした製造小売モデル(SPA)でマージンを介さないので収益性が高い

・メルカリの営業利益の低さは問題ない
→コストが広告宣伝費によるものだから。コントロールできる項目なので、いつでも利益をプラスにできる。P/Lで利益率を見る時はコントロールできる要因のコストが大きく起因していないか、詳細な項目を見て見極める。

・Gunosyは初期は財務C/Fが大きいが問題ない
→ベンチャーは最初は営業C/Fがマイナスでも問題ない。資金調達がうまくできている。但し、それが2年で営業C/Fがプラスになっているかは要チェック

・いきなり!ステーキとあみやき亭のROA比較
→ROAは同等だが、分解をすると総資産回転率はいきなり!ステーキ。当期利益率はあみやき亭。固定資産に対する回転数重視か、利益重視かのビジネスモデルの違いが読める。

また、のれんは買収金額が買収先企業の純資産の差額。20年で償却。但しIFRSは償却しなくて良い。M&AはIFRSを採用。こういう役に立つ小ネタも充実してよかったです。

※回し者ではありません。ピュアなレビューです。

同じ著者の作品