ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

テレビ出演でもおなじみの本郷先生が中世、戦国時代の軍事史をわかりやすく解説。戦国時代に1万人の軍勢が1カ月にかかる必要経費はいくらか?、源平の戦いと一騎打ちの実態、集団戦から総力戦へ、錦の御旗に隠された真意とは?「戦場のリアル」が見えてくる。

作品詳細情報

タイトル:
軍事の日本史 鎌倉・南北朝・室町・戦国時代のリアル
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理日本史
著者:
本郷 和人
出版社:
朝日新聞出版
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-1-8 ]

軍事と日本史の話。
武力と権威の関係。戦国大名の兵站に対する考え。職業軍人である武士ではない農民を戦わせた工夫…などについて書いてた。

時代時代で戦いというものをどう考えるのか、ということが変わっているのは面白くて特に印象に残った。
例えば鎌倉時代は職業軍人である武士が戦うのが前提。でも、室町時代になると数を重視して素人が参加する戦いになる。素人を戦わせるために槍が生まれたり、兵の数が増えることで兵站に対する考えが生まれるなど、先人たちは戦いに勝つこと、負けないことを目指して色んな工夫を研究し続けたんだなーと思った。軍事関連って日常であまり触れないから新鮮。