ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

コミック

女性コミック

男性コミック

小説

ラノベ

雑誌

趣味・実用

ビジネス

リズム練習がたのしくなる方法と前ノリ、後ノリのコツ

保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
「リズム練習こそが最も意義のある練習」なのです本書のコンセプトは、「演奏力の向上には、テクニックや理論よりも、まずリズムが大切」という考え方。ズバリ「リズム練習こそが最も意義のある練習」なのです。もしかして、「自分はリズム感ないからなー」なんて思っていませんか? そんなことはありません! 「リズム感ゼロの人」など存在しないのです。もし、あなたがそう思っているのなら、それは「リズムについてとことん考えたことがない」から。本書では、そんな皆さんに向けて、まず「リズムの考え方」から解説していきます。その後は「テンポ・キープ」「8ビート」「16ビート」「シンコペーション」「シャッフル」「音の長さ」など、さまざまなトレーニング方法を紹介していきます。本書を読み終えたころには、上級者の方が口にする「前ノリ」「後ノリ」の感覚も身に付いていることでしょう。ぜひ、その日を目指して頑張ってください。【本の内容】■Introduction ──本書を読み進めるにあたって■第0章 「リズム感」の意味を理解する◎一度、トコトン考えてみる◎楽譜的な用語説明◎モチベーションを生む考え■第1章 知っておきたい音の話◎「サウンド」としての◎タイミングとしての点◎自分のリズム感を自覚する■第2章 テンポ・キープの基本◎8ビートを叩こう!◎16ビートを叩こう!■第3章 アクセントでリズムを作る◎アクセントを意識してリズム感アップ◎裏のあとに空振りするとシンコペーション■第4章 シャッフル・リズムに乗る◎1拍を3で割る■第5章 音を止める意識と裏の意識◎音は長さである◎裏の意識■第6章 もっと先のリズム◎「ズレる」と「ズラす」の違い◎聴いて確認してみよう■コラム山を登ったことがあるから道を教えられる音楽は算数だが、本質は別本当はボーカリストにも必要な練習できているつもりが怖い誘われるプレイヤーを目指す思い込むことが、そこに近づく*この電子書籍に対応した全音源は、リットーミュージックのウェブサイトから無料でダウンロードできます。*この電子書籍は固定レイアウト方式で作成されています。文字の拡大・縮小や、検索、ハイライトなどの機能は利用できません。
タイトル:
リズム練習がたのしくなる方法と前ノリ、後ノリのコツ
ジャンル:
趣味映画・音楽・演劇音楽総合
著者:
いちむら まさき
出版社:
リットーミュージック
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2018/12/20
書籍発売日:
2018/12/20
ファイルサイズ:
53.6MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード