ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

女の業を体現し続ける作家・中村うさぎと、女戦線からの離脱を切に願う作家・三浦しをんによる、赤裸々すぎる対談集!

人生という大海原に漕ぎ出してみたものの、たどり着くべき岸からは遠ざかるばかり。
いつしか己が漂流していることに気付いた女子二名。女子高、恋愛、エロ、結婚、仕事、買い物依存症、隠遁願望。正反対の漂い方をしてきた二人による、時に笑えて時に赤裸々すぎるトークの行き着く先は!? 自分らしい生き方が見えてくる一冊。

・誤った選択
・シダ植物のように
・男は違う生き物
・エロへの目覚め
・片づけられない女
・一人は恥ずかしくない
・ブスの壁
・評論好きな男、創作する女
(目次より)

作品詳細情報

タイトル:
女子漂流
ジャンル:
小説エッセイ・随筆
著者:
中村うさぎ三浦しをん
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
1.9MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-1-12 ]

文庫版が出たので、再読。/社交すらも打ち捨てて、本とか漫画をずーっと読んでいる人って、そんなに多くない(略)常に何かを読んでいる私に対して、周囲の誰も何も言わなくなってくる。「え?なんだろう、これでいいのかな?」(略)でも、最近は、もういいかなって。(三浦しをん)という一節に、そこまでは突き詰められてないけれど、そこはかとなく共感を抱き、「諸君、私は今、幸せである。「他者」と「自意識」を手放して、私はようやく定住の地を見つけたのだ。」(中村うさぎ)という文庫版あとがきの一節にぐっとくる。

同じ著者の作品