ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

赤川ミステリーの世界を堪能できる、人気シリーズの第二十七弾が登場!

宇野と夕子が旅先のレストランで食事をしていると、”死んだはずの男”から「予約」の電話が入った。
この男は、かつて地元商店街会長の16歳の娘が遺体で発見された際に、店の主人の証言によって、殺人容疑で逮捕され、現場検証の直後に、トラックにはねられ、即死していた。 後日、この家族が暮らしていた家も、謎の火事で全焼してしまった。
果たして、「死者からの予約」はホンモノなのか。
被害少女は、いったい誰に殺されたのか。
不穏な雰囲気が漂う街の謎に、宇野と夕子が迫る。

表題作のほか、「ふさがれた窓」「忘れな草を私に」「悪夢の来た道」「悪魔の美しさ」「行列に消えて」「手から手へ、今」の計七篇を収録。

作品詳細情報

タイトル:
幽霊解放区
ジャンル:
小説ミステリー・サスペンスミステリー・サスペンス(国内)
著者:
赤川次郎
出版社:
文藝春秋
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-12-19 ]

【「死者からの予約」はホンモノか?】人気シリーズの第二十七作。人気レストランに、死んだはずの男から「予約」の電話が。この謎に宇野と女子大生・夕子のコンビが迫る。

同じ著者の作品