ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

あらすじ

詳細を見る

ネットとリアルの境界が曖昧になった決済やコマースの世界、動画やSNSをはじめとするデジタルメディアの活況、GAFAによるグローバルエコノミーとサイバー主権主義の対立、AIも使うフェイクニュース、モビリティーやブロックチェーンによる分散アプリケーションなど、高度なデジタルテクノロジーが世界中で身近になった現在、インターネットの動向を見ずにビジネスや社会の動きを語ることはもはやできなくなりました。1996年から続くインターネット白書の最新刊は、41人の専門家がビジネス、技術、社会、そしてインターネットそのものの動きを解説。2019年以降のデジタル社会の行方を知るために最適な一冊です。【目次】10大キーワードで読む2019年のインターネット第1部 ビジネス動向1-1 メディア1-2 広告とマーケティング1-3 Eコマースとファイナンス1-4 エコノミー1-5 ビジネス関連統計資料第2部 テクノロジーとプラットフォーム動向2-1 IoT2-2 アプリケーション2-3 クラウド/データセンター事業者2-4 製品・技術関連統計資料第3部 インターネット基盤と通信動向3-1 ドメイン名3-2 IPアドレス3-3 トラフィック3-4 通信事業者3-5 ブロックチェーン3-6 インターネットガバナンス3-7 インターネット全体と通信関連統計資料第4部 サイバーセキュリティ動向4-1 インシデント4-2 DNS4-3 国家とインターネット4-4 プライバシー4-5 利用者のセキュリティ4-6 サイバーセキュリティ統計資料第5部 社会動向5-1 法律・政策5-2 市民5-3 教育5-4 メディアと社会5-5 社会動向統計資料付録 インターネットの主な出来事 2017.11→2018.10

作品情報

詳細を見る
タイトル:
インターネット白書2019 デジタルファースト社会への大転換
ジャンル:
コンピュータ・インターネットコンピュータ・インターネットインターネット
著者:
インターネット白書編集委員会
出版社:
インプレスR&D(NextPublishing)
掲載誌:
ファイルサイズ:
20MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同一著者の作品