ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

人の心を見抜くメンタリスト、ベストセラー連発のビジネス書作家、企業の収益向上を担う経営コンサルタント、そして大学の特任教授として、大きな結果と高額の収入を手中にするDaiGoが初めて公開する「掟破りの勉強メソッド」。学生も会社員も必読の書!

作品詳細情報

タイトル:
最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップ自己啓発
著者:
メンタリストDaigo
出版社:
学研
掲載誌:
ファイルサイズ:
16.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-7-16 ]

とてもいい内容だと思う。ただ、本当に勉強ができる人は、こういう本は読まない。読んでる時点で、おバカさん。私は勉強に対して複雑な思いがある。勉強ができて当たり前の環境に生まれた故に、小学校のころ、本当にバカだったら、先生や周りからすごくいじめられた。出来損ないという風にしか扱われなかったし、直接、先生に言われたこともあった。中学に入り、数学と理科が好きになり、英語の先生に初恋をして、猛勉強をした。そしたら、中二の夏、すごい結果を出した。そのまま進学校へ進むと、勉強ができることで、「お前に俺たちの気持ちはわからない」とか、満点を取ると、「死ね」という手紙が机に入れられたり。そうしたことを先生に訴えると、考えすぎだと無視されたり。極めつけは、自分が教員になったとき、兄が嫉妬で家を飛び出してしまったことだ。高校から、ずっと私は実力を隠し続けている。だからこそよくわかる。この勉強法はとてもよく分析されている。

中学の頃、一時間勉強した後、必ず10分ランニングをしていた。それをひたすら繰り返す。高校の頃、いじめもあって、仏教に興味を持ち、瞑想をこまめにするようにしたら、余計、成績がアップした。大学では、英語の論文を読みまくる。2年で889本の英文はいまでも記録だと思う。それをゼミやレフリー付き論文でアウトプットしまくったおかげでいろんなことが定着した。中学から、ずーーとミニ先生や家庭教師を続けていて、こうした繰り返しが身について教員になっている。研修会では、オーソドックスな教え方を披露するけれど、私の学級では、マインドマップ、クイズ学習、教え合い、『学び合い』、ミニテストづくり、朗読、立ち歩き、運動、ありとあらゆることを取り入れている。それこそが、生きる力だと思っているし。

こどもより、先生たち、保護者に読んで欲しいな。エビデンスは、いくつか胡散臭いものもあったけれど、良書だと思う。

一番の勉強法はね、自分が「この勉強が好き!!」ってこと以外にはあり得ないのだから。

同じ著者の作品