ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

【岡田武史・入山章栄両氏 大絶賛!!】注目の戦略デザイナーが伝授!! 「根拠のない妄想」を手なずけ、強烈なインパクトを生み出す、知的創造の新技法とは? 「妄想→知覚→組替→表現」の4段階サイクルを回すだけで、プレゼン・意思決定・アイデア・説明・・・すべてがうまく回りだす!

作品詳細情報

タイトル:
直感と論理をつなぐ思考法
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップ自己啓発
著者:
佐宗邦威
出版社:
ダイヤモンド社
掲載誌:
ファイルサイズ:
23.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-4-19 ]

▼本のポイント
・「自分の本当にやりたいことって何だろう?」という問いに答えるための思考法をまとめた本。
「人も組織も『これがやりたい!』があると強い」という視点のもと、"他人モード"から"自分モード”で生きることの大切さを説いている。
・"自分モード"で生きるための手段としてビジョンドリブンが登場する。
・ビジョンドリブンはイシュードリブンの対となる思考で、なにより「妄想」が大切であるという。

▼思ったこと
・車を買う、家を買う、みたいな画一的な幸せのないこの時代だからこそ、やっぱり幸せは自分で定義していくしかない。そのためには"自分モード"で生きることがマジで大事になってくると思う。でないと、一生「自分の本当にやりたいことって何だろう?」と問い続けながら生きることになると思う。
・そういう意味で「目的の難民」は言い当て妙だと思った。
・ここでもムーンショットが書かれてたけど、マジで10倍思考は妄想を膨らませるのに有効。
・もっと休もうと思った。日々の中で「余白」を増やして何かを妄想する時間を増やして、「これがやりたい!」「これが好き!」と思えることを強くしていきたい。
・あとTwitterのいいねリスト見返そう。あそこに自分の嗜好性が溜まっている気がする。

同じ著者の作品