ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

いまどきの死体 法医学者がみた幸せな死に方

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

【もくじ】

第1章 法医学ができること

解剖するかしないかは、どうやって決めるのか/解剖医が遺族にできること ほか



第2章 人は思いがけなく死に遭う

たった300ミリリットルの出血での死/呼吸が可能な状態での窒息死 ほか



第3章 解剖で判明した事件・事故の真相

わが子の命を奪った小さな傷の放置/自宅での不審死の真相 ほか



第4章 解剖台の遺体が語る現代日本の課題

家族の中の孤独/色とりどりのあざが物語る親からの虐待死 ほか



第5章 遺体が教えるそれぞれの人生

宝くじで借金を返そうとした男/浮く遺体、浮かない遺体 ほか



第6章 法医解剖医として考えていること

「この死に方は悪くない」と思えるとき/自分の死は最後までわからない ほか

作品詳細情報

タイトル:
いまどきの死体 法医学者がみた幸せな死に方
ジャンル:
医学・薬学・福祉医学
著者:
西尾元
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-5-30 ]

死人を目にすると生きるということの意味を考えさせられる。生きるとは心を動かさせることなのだと気付かされる。生きるとは自分に残された時間の使いみちを考えさせられる。人の死は自分を再認識させられることになる。

同じ著者の作品