ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

偉大なチームに必要なのは「リーダー」ではなく『法則』だ

「個」の重要性が叫ばれている今。そこからさらなる成長・脱却を遂げるためには、個と個をつなぐ「チームワーク」が重要だ。

しかし、私たちは正しいチームづくりを教わったことがあっただろうか――。

本書は経営コンサルタントとして数多くの組織変革に関わってきた著者が、Aim(目標設定)、Boarding(人員選定)、Communication(意思疎通)、Decision(意思決定)、Engagement(共感創造)という 5つの法則をもとに、成功するチームとはなにかを科学的に解明した、チームづくりの決定版だ!

「『THE TEAM』というタイトルには、チームの法則の決定版を届けたいという思いと共に、読んでいただいたすべての読者の方が「あなたのチーム」をつくれますようにという願いを込めました。 今こそ「チームの法則」によって、ドラマや映画の中では当たり前のように起こる「チームの軌跡」を自らのチームで起こせるようになることを祈っています。 」
(本文「はじめに」より)

各界から絶賛の声

「この本を読めば、私たちがいかにチームを知らないかがわかる。
『チームの法則』を知れば、それだけで突き抜けた場所に行ける」
(山田進太郎 : メルカリ会長兼CEO)

「自分のチームづくりがいかに整理されていなかったか、情けなくなった。
もっと早くこの本に出会えていたら」
(岡田武史 : 元サッカー日本代表監督・FC今治オーナー)

「この本は、チームに関する知の結晶だ。
この一冊に何冊もの学術書の知見が詰まっている」
(中原淳 : 立教大学経営学部教授)

目次

はじめに 売上、時価総額を10倍にした「チームの法則」

チームを科学する
誰もがチームを誤解している
この国に必要なのは、チームという武器
チームの法則がもたらせた奇跡 他

第1章 Aim(目標設定)の法則 目指す旗を立てろ!

「共通の目的がない集団」は「チーム」ではなく「グループ」
「目標を確実に達成するのが良いチームだ」 という誤解
意義目標がなければ作業と数字の奴隷になる 他

第2章 Boarding(人員選定)の法則 戦える仲間を選べ

チームで最も大切なメンバー選びとメンバー変え
チームは必ず4つのタイプに当てはまる
人が入れ替わるチームは本当に駄目なのか?
チームには多様性が必要だという誤解
「ゴットファーザー」より「オーシャンズ11」型のチームが強い 他

第3章 Communication(意思疎通)の法則 最高の空間をつくれ

実はチームのコミュニケーションは少ない方がいい
ルール設定の4つのポイント
コミュニケーションを阻むのはいつだって感情
「理解してから理解される」 という人間関係の真実
「どうせ・しょせん・やっぱり」がアイデアを殺す
己をさらして心理的安全をつくり出す 他

第4章 Decision(意思決定)の法則 進むべき道を示せ

誰も教えてくれない意思決定の正しい方法
「独裁」vs「多数決」vs「合議」
「正しい独裁」はチームを幸せにする
独裁者が持つべき「影響力の源泉」

第5章 Engagement(共感創造)の法則 力を出しきれ

超一流でもモチベーションに左右される
モチベーションを科学する 気合いで人は動かない
チームのどこに共感させるか
エンゲージメントを生み出す方程式

[特別収録]チームの落とし穴~あなたのチームは足し算か、掛け算か、割り算か~

[最終章]私たちの運命を変えた「チームの法則」

作品詳細情報

タイトル:
THE TEAM 5つの法則
ジャンル:
ビジネス・経済仕事の技術・スキルアップビジネス教養
著者:
麻野耕司
出版社:
幻冬舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
8.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-4-7 ]

■活かす学び
・チームメンバーの心理的安全性を担保する。
・チームメンバーにブレない軸を発信する・彼らが自分の言葉で発言できるように促す
・チームメンバーの志向と能力を把握するよう努める。

チーム作りにおいて問いかけるべきこと
------------------------------------------------------------
■AIM
チームの活動意義が明確になっているか?
チームの創出すべき成果が明確になっているか?
チームは推奨している行動が明確になっているか?
チームでは活動の意義として創出すべき成果、推奨している行動が適切に接続されているか?
チームが活動する意義、創出すべき成果、推奨されている行動を日常的に意識できていますか?

■Boarding
チームの活動の特徴を語れるか
チームのメンバーには適切な多様性があるか
チームには適切な流動性があるか
チームに必要なメンバーの特徴を理解しているか
チームのメンバー集めやメンバー選びに貢献しているか

■Commuinication
チームはルールを明確化できているか?
チームメンバー動詞がお互いの過去や特徴を理解するような機会を持てているのか?
チームは問題やアイディアをメンバーが安心して共有できる雰囲気をつくれているのか?
チームメンバーの過去や特徴を踏まえたコミュニケーションをとれているのか?
チームメンバーに恐れや迷いなく自分が感じる問題やアイディアを発信できているか?

■Decision
チームは状況に応じて最適な意思決定方法を選択できてるか?
チームはスピーディに再現性のある議論ができてるか
チームは意思決定者が孤独を恐れず決断できているか
リーダーの意思決定を自らの手で正解にすべく活動できているか
決断が必要なタイミングで強く・速く意思決定できているか?

■Engagement
チームでは金銭や地位報酬だけでなく、感情報酬がメンバーに提供されているか?
メンバーに何に共感してもらうかが明確になっているか
メンバーがチームの魅力を感じる仕組みが埋め込まれているか?
何を求めてチームに参加しているかを明確にできているか?
チームがメンバーの共感を生み出すことに貢献しているか?
------------------------------------------------------------

同じ著者の作品