ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

Pen(ペン) (2019年5/15号)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

【特集】尾崎 豊、アイラブユー

1992年4月25日、ロックミュージシャン尾崎豊は26歳で夭折した。
桜の季節が過ぎ去り、ファンの肩を冷たい雨が濡らしてから今年で27回目の4月を迎える。
「平成」が終わり、新たな時代へ――。
別れと出会い、終わりと始まりが交差するこの時、多くの人々に愛された、かつての若者の代弁者にスポットを当てる。
「自由になりたくないかい?」「熱くなりたくはないかい?」
生前、ステージからそう叫び続けた男は、私たちを鼓舞してきた。
その音楽は聴く者の心と身体を一瞬で高揚させ、勇気を与える。
それは今日まで不変であり、多くの人々に尾崎が支持される理由だ。
短くも美しく燃え、鮮烈な記憶を残した男は、なにを探し続けたのだろう?
その魂宿る71曲の熱きメッセージには、生きるヒントが刻まれている。
新時代を前に歌い継ぐべき私たちの「遺産」に、いま再び耳を傾けよう。

日本・海外の表現者から刺激をもらい、学んだ。
孤高のシンガーが駆け抜けた、26年の生涯。
6枚のアルバムに残した、全71曲を完全紹介。
42回も飛んだ! デビュー作のジャケ写撮影。
人気作詞家がひも解く、尾崎の歌詞の魅力。
熱き魂が秘められた、自筆の創作ノートを公開。
絶頂期の発言で振り返る、「若き天才」の光と影。
稀有な詩人の基礎をつくった、8冊の愛読書。
音楽プロデューサーが明かす、ふたりの記憶。
尾崎豊を巡るエッセイ「孤独の遺産」
楽曲のモチーフとなった、ゆかりの地を訪ねて。
ともに闘い、パフォーマンスを支えたギター
バンドメンバーが見た、カリスマの素顔。
当時の音楽雑誌は、この新星をどう扱ったのか。
新世代シンガーが語る、尾崎という音楽の原体験。
石崎ひゅーい/奇妙礼太郎/家入レオ
最愛の曲を発表します! これが私のベスト3
茂木健一郎(脳科学者)/吉野北人(「THE RAMPAGE」ボーカル)
袴田吉彦(俳優)/般若(ラッパー)
岡村詩野(音楽評論家)/中川丈士(NHKディレクター)
生誕50周年、「幻のボックスセット」誕生秘話。
尾崎裕哉が語る、表現者としての父の偉大さ。

ほか、連載など※各種権利等により、デジタル版には写真が非表示または記事そのものが収録されていない場合がございますのでご了承願います。

作品詳細情報

タイトル:
Pen(ペン) (2019年5/15号)
ジャンル:
雑誌人文・思想・歴史文芸
著者:
CCCメディアハウス
出版社:
CCCメディアハウス
掲載誌:
ファイルサイズ:
136.7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

同じシリーズの作品(全197巻)

同じ著者の作品