ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

作品情報

あらすじ

甲子園フィーバー、メディア過熱報道、即戦力としての重圧・・・・・・
ドラフトが、野球人生を劇的に変えてきた。ドラフト1位――ドライチの重みは格別であるのだと。

僕はなぜプロで"通用しなかった"のか
僕はなぜプロで"通用した"のか

ドラ1戦士が明かす、プロ野球人生『選択の明暗』

【収録選手】
CASE1 辻内崇伸(05年高校生ドラフト1巡目 読売ジャイアンツ)
CASE2 多田野数人(07年大学生・社会人ドラフト1巡目 北海道日本ハムファイターズ)
CASE3 的場寛一(99年ドラフト1位 阪神タイガース)
CASE4 古木克明 (98年ドラフト1位 横浜ベイスターズ)
CASE5 大越基(92年ドラフト1位 福岡ダイエーホークス)
CASE6 元木大介(90年ドラフト1位 読売ジャイアンツ)
CASE7 前田幸長(88年ドラフト1位 ロッテオリオンズ)
CASE8 荒木大輔 (82年ドラフト1位 ヤクルトスワローズ)

ドラ1の宿命、自分の扱いは『異常だった』(辻内崇伸)
骨折で球速10キロ減。アメリカでのピッチングとは天と地の差(多田野数人)
マスコミに追い回され、人と会いたくない。人間不信になっていました(的場寛一)
頑張れという応援が皮肉に聞こえる。鬱病だったのかもしれません(古木克明)
好き勝手書いた人たちを見返してやろうと思った。それで取材拒否してやろうって(元木大介)
困惑のドラ1指名。「プロ野球選手だったという感覚は全くない」(大越基)
笑顔なき記者会見「なんでロッテなんだ、西武は何をやっているんだ」(前田幸長)
指名された時、プロへ行く気は全くなかった。0パーセントです。(荒木大輔)


プロ野球球団から「ドラフト1位」の指名を受けて入団した選手の野球人生をクローズアップ。
ドラ1選手の大半は、高校時代に甲子園で注目を集め、高い評価と大きな期待を持たれている。
1年目の春季キャンプから脚光を浴び、活躍して当たり前という眼で見られることは、その選手にとって大変な重圧だ。
本人への丁寧な取材を通じて、華やかさのみならず躓き、苦労、厳しさ、悔しさ・・・・・・本書では「ドラフト1位」選手の光と陰の両面が浮かび上がってくる。


田崎健太 たざき・けんた
1968年3月13日、京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社。スポーツを中心に人物ノンフィクションを手掛け、各メディアで幅広く活躍する。著書に『W杯に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇―』(新潮文庫)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『球童 伊良部秀輝伝』(講談社 ミズノスポーツライター賞優秀賞)、『真説・長州力 1951-2015』(集英社インターナショナル)『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』(光文社新書)など。

作品詳細情報

タイトル:
ドライチ
ジャンル:
趣味スポーツ・アウトドアスポーツ
著者:
田崎健太
出版社:
KANZEN
掲載誌:
ファイルサイズ:
9.8MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2018-5-2 ]

TBSでいつからか始まった感動バラエティードラフト形式を思うに、親戚目線というか、親目線にいつしかなっているんだろうなと。新聞の活字で選択された選手を追い続けるから「依田?・・・あー、レイクウッド依田ね!」と1983年ドラフト外入団の依田政彦をいつまでも出身高校名レイクウッド高校で覚えていたりする。同期が小野(ドライチ)・吉井(ドラ2)・村上(ドラ3)・光山(ドラ4)。彼らの感情は紙面からはさほど香らない。画面を見ようにもダイジェストでしか見られな・・・・あ、もちろんこれが近鉄バファローズの話だってわかっていますよね?
ちなみにレイクウッド依田はさほど活躍したわけではなく89年に引退。西武で通訳やってるのかやっていたのか野球界にしぶとく残っています。ボクの記憶にも。

さて、「ドライチ」光と影ばかりが語られる過去の本と比べ、そこそこ活躍した選手も収められている。「辻内」「多田野」「的場」「古木」「元木」「大越」「前田」「荒木」すでに知られたエピソードも田崎健太に掛かるとシュートに抉る。
現在ではアウトであろう証言を次々引き出し、あまつさえ更なる証言を求める。それでもどう触れるか気になった案件はスルーする。野球に関係ないから。

いや、おすすめです。
あと、伊良部秀輝伝読みたくなった。

同じ著者の作品