ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

それぞれが人生の分かれ道に立った堀田家のメンバーたち、「LOVEだねえ」の決めゼリフでおなじみの第14弾。○「秋 ペンもカメラも相身互い」一進一退を続けるボンの容態に、落ち着かない日々を過ごす堀田家。そんななか、研人の後輩でカメラが上手な美少年・水上が怪しい男に尾行されている? いつもの通り堀田家が助太刀参上! ○「冬 孫にも一緒の花道か」仕事始めのある日、日本を代表する映画監督が<東京バンドワゴン>を訪ねてきて・・・・・・? 思わぬニュースを喜ぶ堀田家に、ついに一本の電話が――。○「春 花咲かすかその道の」新学期、研人は高校三年生に。東大を目指して受験勉強に励む芽莉依や、バンド仲間の姿を見て進路に悩みはじめる。そんな研人のために我南人が呼んだのは、なぜか勘一長年の因縁の相手<山端文庫>の醍醐教授で・・・・・・? ○「夏 アンド・アイ・ラブ・ハー」かずみから突然の「老人ホームを決めてきた」の報告に動揺を隠せない堀田家。そして、独身を貫いていた藤島がついに――。

作品詳細情報

タイトル:
アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン
ジャンル:
小説ノベライズ
著者:
小路幸也
出版社:
集英社
掲載誌:
ファイルサイズ:
0.4MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-5-12 ]

花陽や研人の成長が著しくて、かっこいい大人になってきているなあと感じさせられる。
その一方で今回は、病気、永遠の別れ、老人ホームへの入居など、大人たちの様々な事情により、岐路や別れが。
皆が不思議な縁で集まってくる堀田家ですが、出会いがあれば別れがあることもわかってはいても、やはり読んでいて涙が。かずみちゃんの秘かな気持ちも。
堀田家の日常に変化がもたらされる今回。
一つ屋根の下...にならなくてもみんな元気に毎日を送ってほしいと願う。

サチさんの語りに始まり、サチさんの語りで終わる。
サチさんの語りを読めば、このシリーズが始まったとうれしくもありワクワクもする。最後の巻末のサチさんの語りがとても素晴らしくて、泣けてきました。

同じシリーズの作品(全13巻)

同じ著者の作品