ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

韓国 内なる分断

価格:700(税抜)

ブックコイン・WALLETポイント

0(今月中に0コイン失効 0

作品情報

あらすじ

日本との関係にも影響を及ぼす、韓国国内の激しい権力闘争。その根底にある保守派と進歩派による「南南葛藤」の実態を描く。「国交正常化以降で最悪の関係」はなぜ生まれたのか。

作品詳細情報

タイトル:
韓国 内なる分断
ジャンル:
社会・政治・法律政治
著者:
池畑修平
出版社:
平凡社
掲載誌:
ファイルサイズ:
7MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

作品レビュー

[ 2019-7-28 ]

保守派 vs 進歩派の葛藤(韓国語では対立のことを葛藤と表現するらしい)を軸に2010 年代の韓国の政治状況と政治文化を概説し、文大統領がなんであんなことをやっているか解説してくれる本。
なんとなくそんな感じはしていたけど、一連の問題は日本を念頭に置いているのではなくて、国内問題の延焼だったという。
韓国の話題が気になる人は読んで損はないと思う。日本のニュースだと単発で背景まで掴めないし
文章は読みやすくて流石報道のお仕事をしている人だと思ったが、1章の終わりにチェスンシル事件で読者の関心を引っ張った後に事件の一番知りたい部分を4章にもってくるあたり、ミリオネア的なテレビの引っ張り方だと思った。