ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

イラストでわかる 日本の元号(池田書店)

読み放題
2020/11/16 23:59までFAQ
価格:709(税抜)
<この作品は読み放題対象商品です>
初回30日間無料!月額562円(税抜)
保有ポイント 0
あらすじ・作品情報
日本の元号は、約1370年前、645年の「大化」から始まり、以来、令和まで248の元号があったとされています。本書は、これまでの元号がどんな理由で、どんな意味でつけられてきたのか、特徴的な元号について、イラストで楽しく紹介していく1冊です。新しい元号が制定されるのは、けっして天皇が変わったときだけではありません。たとえば「養老」(717年~)は、美濃国にて、孝行息子が山中で湧き出る泉を発見したから。「神亀」(724年~)は、朝廷に白い亀が献上され、豊年となったから、でした。またそのネーミングの由来もさまざまで、たとえば「天応」は、伊勢斎宮に美しい雲が現れたから。「仁寿」は石見国にて甘露が降ったから、など、面白い由来がたくさんあります。その決め方も、たとえば「明治」は天皇がくじ引きで決定したなど、興味深い史実がいろいろあります。本書を読めば、日本の元号のおもしろさ、奥深さに触れられること請け合いの1冊です。
タイトル:
イラストでわかる 日本の元号(池田書店)
ジャンル:
心理・思想・歴史歴史・地理日本史
著者:
日本の元号研究会
出版社:
PHP研究所
掲載誌:
ブックパス配信開始日:
2019/08/23
書籍発売日:
2019/05/27
ファイルサイズ:
86.3MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード

おすすめ特集