ブックパス

ページの移動

キャンセル

OK

キーワード

セーフサーチ

成人向けコンテンツの制限

並べ替え

価格

円 〜

条件追加

カテゴリー

ビジネス

趣味・実用

小説

雑誌

コミック

女性コミック

男性コミック

ラノベ

コミュニティ難民のススメ ―表現と仕事のハザマにあること―

読み放題
価格:1,600(税抜)

読み放題プラン:初回入会時30日間無料

読み放題プラン(総合コース)に入会して読む 購入して読む

あらすじ

詳細を見る

彷徨って生きる、これからの人生の歩き方!

「住み開き」から、「コミュニティ難民」へ。

プライベートな空間である家に、パブリックな機能を持たせる住まい方(自分の蔵書と書斎を、週末だけ図書館として地域の人に解放したり)を「住み開き」という言葉で切り取った、アサダワタル氏が、今回は「表現(≒プライベート)」と「仕事(≒パブリック)」の間を彷徨って生きる、6人の人生の歩き方をコンパイル。
自問自答しながらも、枠組みを飛び越え、楽しく暮らす彼ら(と自分自身)の生き方を、アサダ氏は「コミュニティ難民」と名付け、現代の新たな道標として描き出した意欲作です。
内田樹氏や梅原猛氏らとの共著でも知られる、宗教学者・僧侶の釈徹宗氏との対談も収録!

こみゅにてぃ- なんみん【コミュニティ難民】 名
個人の生産活動において、特定の分野のコミュニティに重点的に属さず、同時に表現手段も拡散させることで、新たな社会との実践的な関わりを生み出す人々。
たとえば、こんなコミュニティ難民・・・・・・。
例1 銀行員であり、地域ファシリテーターであり、クリエイターが集まる大学の客員教授であり・・・・・・。
例2 一級建築士であり、ラジオ番組の企画・制作者であり、雑誌編集委員であり・・・・・・。
例3 DJであり、イベントプロデューサーであり、旅館当主であり・・・・・・。
例4 職業訓練センターの職員であり、アートイベントの主催者であり、コミュニティサロン主宰であり・・・・・・。
例5 ミュージシャンであり、NPO法人理事であり、ホームヘルパー2級であり・・・・・・、現役大学院生であり・・・・・・。

作品情報

詳細を見る
タイトル:
コミュニティ難民のススメ ―表現と仕事のハザマにあること―
ジャンル:
社会・政治・法律社会社会学
著者:
アサダワタル
出版社:
木楽舎
掲載誌:
ファイルサイズ:
10MB
配信方式:
ストリーミング、ダウンロード